最新ランキングをチェックしよう
猫が飼いたい。保護施設で少年が選んだのは10歳の大きな猫だった(カナダ)

猫が飼いたい。保護施設で少年が選んだのは10歳の大きな猫だった(カナダ)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/10/01

カナダにある保護施設Exploits Valley SPCAに1匹のシニア猫が引き取られることになった。
 タイニーと名付けられた茶トラ猫は、予期せぬ出来事により住む場所を失い保護施設にやってきた。もう10歳にもなるタイニーたちにとってなじんだ家を失うという出来事は少なからずショックを与えたに違いない。
 慣れない施設生活を送りながら運命の出会いを待っていたタイニーに、程なくして晩年を共にする飼い

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
デート報道の弘中アナに若林“激イジり” 文春直撃は「英語で言うと何時?」
カルディの失敗。なぜ「KALDI」印の商品は買う気を無くすのか?
弘中アナが熱愛報道認める、イジる若林に「バカ!」
弟に首を絞められた姉、その後死亡 「まさかの犯行動機」に批判が相次ぐ
「手越飲み会」参加の17歳タレント“解雇理由”に入ったツッコミの嵐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加