最新ランキングをチェックしよう
猫が飼いたい。保護施設で少年が選んだのは10歳の大きな猫だった(カナダ)

猫が飼いたい。保護施設で少年が選んだのは10歳の大きな猫だった(カナダ)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/10/01

カナダにある保護施設Exploits Valley SPCAに1匹のシニア猫が引き取られることになった。
 タイニーと名付けられた茶トラ猫は、予期せぬ出来事により住む場所を失い保護施設にやってきた。もう10歳にもなるタイニーたちにとってなじんだ家を失うという出来事は少なからずショックを与えたに違いない。
 慣れない施設生活を送りながら運命の出会いを待っていたタイニーに、程なくして晩年を共にする飼い

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
15年間、季節感ゼロの「クリスマスカード」を撮り続ける家族が面白い
【爆笑】ペットボトルのフタ取り合戦に勝利したインコの挑発がヤバい笑
もはや野生など忘れてしまったwwちょっと可笑しい犬の寝相まとめ
種が違ってもギュッ!ってすると伝わるね。心があたたかくなるね。人間と動物たちが抱きしめあう感動の瞬間映像総集編
まさにプライスレス!わんことにゃんこ「初めての瞬間」13選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加