最新ランキングをチェックしよう
猫が飼いたい。保護施設で少年が選んだのは10歳の大きな猫だった(カナダ)

猫が飼いたい。保護施設で少年が選んだのは10歳の大きな猫だった(カナダ)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/10/01

カナダにある保護施設Exploits Valley SPCAに1匹のシニア猫が引き取られることになった。
 タイニーと名付けられた茶トラ猫は、予期せぬ出来事により住む場所を失い保護施設にやってきた。もう10歳にもなるタイニーたちにとってなじんだ家を失うという出来事は少なからずショックを与えたに違いない。
 慣れない施設生活を送りながら運命の出会いを待っていたタイニーに、程なくして晩年を共にする飼い

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ずっと見ていられる...小松菜を可愛く食べちゃうウサギの動画に5万超いいね!
少女の「ぬいぐるみ」を見た虎が...興奮を抑えられない!(動画)
「猫とイチャつかないで!」ハスキー犬が飼い主にやきもち(動画)
激しい愛情表現がまたうれしい 「動物が苦手だった人間が犬と家族になってわかったこと」に「わかる」「泣いた」の反響
片目を失ったポニーの親友は犬だった。飼い主の知らぬ間にポニーの背にのり友情を育んでいたコーギー犬(アメリカ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加