【日本1-4ベネズエラ|採点&寸評】前半だけで4失点と守備陣が崩壊。最低点の「3.5」は?

【日本1-4ベネズエラ|採点&寸評】前半だけで4失点と守備陣が崩壊。最低点の「3.5」は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/19
No image

途中出場の山口は1得点。思い切りの良いミドルシュートで一矢報いた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

前半だけでまさかの4失点……。ベネズエラの厚みのある攻撃を止められなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】日本=佐々木(33分)、橋本(49分) ベネズエラ=ミケル・ビジャヌエバ(45+2分)、ベルナルド・マンサノ(50分)、トマス・リンコン(45分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】サロモン・ロンドン(ベネズエラ)

[キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田

【日本代表・総評】

ホームで稀に見る惨敗を喫する。序盤から守備がハマらずベネズエラの攻撃に対応できずにいると、前半だけで4失点。攻撃面ではパスミスが目立ち、リズムを作れず。後半はベネズエラのペースが落ちたこともあり、1点を返したが、不甲斐ない結果に終わった。

【個人採点・寸評】
GK
1 川島永嗣 4.5
6月のコパ・アメリカ以来の先発を掴む。しかし、守備の瓦解を食い止められず。前半でロンドンにハットトリックを許した。

DF
17 佐々木翔 3.5
8分にロンドンに競り負けて先制点を与えてしまうと、34分にもクロスを折り返されてしまい失点。得意としていた空中戦で負けたのは痛恨で、自ら守る左サイドを何度も崩された。
16 室屋 成 4
先制点を奪われたシーンでは相手に振り切られ、決定的なクロスを上げられた。その後も期待された1対1の守備で後手を踏み、相手を勢いに乗せてしまった。一方で後半は65分に強烈なシュートを狙うなど、果敢に仕掛けた。

2 植田直通 4(HT OUT)
試合前日には最終ラインの要として責任感を滲ませていたが、混乱した守備陣を立て直せず。ロンドンの動きに翻弄され、3失点目は彼のパスミスから始まった。左足の太ももを痛めた影響もあり、ハーフタイムでピッチを退いた。

4 畠中槙之輔 4
冨安や吉田らの不在を受けてスタメン出場。だが、フィジカル勝負では分が悪く、相手を捕まえ切れなかった。

【PHOTO】日本×ベネズエラを彩った美女サポーターたち!

【代表PHOTO】明日はチケット完売!初選出の進藤、荒木、古橋、オナイウらも"笑顔"でトレーニング!MF
8 原口元気 5(81分OUT)
先のキルギス戦で美しいFKを決めた男は、前半は存在感が希薄。味方との呼吸も合わなかった。後半は奮起したが、違いは作り出せなかった。

7 柴崎 岳 4
37分には中盤でパスを相手に渡してしまい、4失点目の原因に。キャプテンとして流れを引き戻そうと動いたが、効果は薄かった。後半は何度かスルーパスを通したが……。

13 橋本拳人 4(64分OUT)
序盤こそ激しく相手に寄せたが、パスミスでリズムを崩すと、中盤のフィルター役として機能できず。失点場面ではマークを見失った。
10 中島翔哉 6
唯一、相手陣内で勝負をできる選手だった。もっとも、前半は毎回の課題である中盤のボールロストも見られ、評価は難しいところ。後半は2トップの一角にポジションを変え、より相手陣内で仕掛けた。「5.5」と迷うも後半の頑張りを加味して「6」とした。

15 浅野拓磨 5.5(65分OUT)
カウンターではチームの先導役になった。相手エリア内でのプレー精度は高くなかったが、63分には強烈なシュートを放った。

FW
21 鈴木武蔵 4.5(HT OUT)
24分には橋本からの浮き球のパスを胸トラップからボレーで狙うも、シュートはバーの上。見せ場はそれくらいで、悔しいハーフタイムでの交代に。
交代出場
MF
9 古橋亨梧 5.5(HT IN)
77分の絶好機ではシュートを打てず。シンプルにパスをつないだが、アピールとはいかなかった。

DF
3 三浦弦太 6(HT IN)
前半でハットトリックしたロンドンが動きをセーブしたこともあり、危険な場面は作られなかった。空中戦の強さも見せた。

MF
20 山口 蛍 6(64分IN)
68分には一矢報いるミドルを決める。相手のブロックでコースが変わったとはいえ、放たれたボールはネットに吸い込まれた。
FW
11 永井謙佑 5.5(65分IN)
ピッチに立った直後からトップスピードでチェイシングを敢行。相手のパス出しを制限すると、68分には山口のゴールもアシストした。気持ちの強さは誰よりも見せた。ただし、ボールの扱いは拙かった。

MF
14 井手口陽介 ―(81分IN)
普段のホームスタジアムで大歓声を受けて登場。もっとも、不慣れな左サイドハーフでのプレーで目立った活躍はできず。

監督
森保 一 4
前日会見で明言していたとおり、4バックでスタートするも、ベネズエラの攻撃を食い止められず、前半はその対策も示せずに4失点。悪い流れを断ち切る手腕をこの試合でも発揮できなかった。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
報徳学園前監督・永田氏、日大三島監督に就任へ「前向きに力尽くしたい」
ゴールボール女子コールド勝ち、3連覇向け好発進
【ロッテ】ファン向け新入団会見を日テレNEWS24、パ・リーグTVで放送
ソムリエになる夢が幻に。世界4強を狙う弱視のフットサル日本代表主将、岩田朋之の新たな夢
サッカーE-1選手権 日本は純国内組の「2軍」、一方中国は・・・=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加