【ライブレポート&インタビュー】鈴木愛理、初の単独ホールツアー開幕「みなさんが“追いかけたくなる”と思えるような物語の主人公をしっかりと演じたい」

【ライブレポート&インタビュー】鈴木愛理、初の単独ホールツアー開幕「みなさんが“追いかけたくなる”と思えるような物語の主人公をしっかりと演じたい」

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2019/05/26
No image

【ライブレポート&インタビュー】鈴木愛理、初の単独ホールツアー開幕「みなさんが“追いかけたくなる”と思えるような物語の主人公をしっかりと演じたい」

鈴木愛理が、ソロデビュー2年目にして挑む初の単独ホールツアー<鈴木愛理 LIVE 2019“Escape”>をスタート。本日5月25日(土)に開催された初日公演は、静岡県の静岡市清水文化会館マリナート 大ホールを舞台にアンコールを含む計20曲を歌い上げ、1,000 人の観客を前にバックバンドを従えての変幻自在のパフォーマンスをくり広げた。

2017年6月12日の°C-ute解散から約1年後、昨年6月6日にリリースした1stアルバム『Do Me a favor』を皮切りに“15 年目の新人ソロシンガー”として単独デビューした鈴木愛理。

女性ファッション誌『Ray』や<東京ガールズコレクション>への出演を始め、モデルとしての活躍も目立つ一方で、昨年7月にはハロー!プロジェクト卒業生として初めて単独での日本武道館公演を実現。11月からは全国7都市8ヵ所を巡った初のライブハウスツアー<鈴木愛理 LIVE TOUR 2018 “PARALLEL DATE”>も完走し、ソロシンガーとしての存在感を示してきた。

昨年のライブハウスツアーから、さらに規模を拡大した今回のホールツアーは“Escape”をテーマに全国8都市を巡る。開演前、テーマには“指名手配された私が、いろいろな人に追われて「逃げる」というツアーのコンセプトを込めた”と明かしたが、昨年の<PARALLEL DATE>では“鈴木愛理とパラレルの世界でデートをする”という物語があった一方、今回も公演を通して“非日常の物語を味わってもらいたい”と意気込みを語っていた。

迎えた本番では、ピンクのサイリウムを片手に大勢のファンが開演を待ちわびる中、オープニングVTRが流されたのち、シルクハットを被りステッキを手にした“怪盗風”の鈴木愛理がバックダンサーを従えて登場。この日にリリースが告げられた、9月4日に発売される1stシングルの表題曲「Escape」のイントロから公演はスタートした。

事前のインタビューで、1stアルバム『Do Me a favor』リリースからを振り返り“ソロデビューから1年が過ぎ、時間が経つのが早かったのか遅かったのかわからないのが本音。私の中では3年もの時間が過ぎたと思えるほどあっという間で、充実した活動をたくさんさせてもらえました”と手応えを示してい た鈴木愛理。

No image

<鈴木愛理 LIVE 2019“Escape”>|静岡市清水文化会館マリナート 大ホール(2019年5月25日)

1stシングルの表題曲「Escape」は“BoAさんの「VALENTI」や「LISTEN TO MY HEART」などを手がけてきた原(一博)さんに楽曲やレコーディングのディレクションを担当していただいたのが嬉しかった”と明かしつつ、“アニメ的な世界観溢れるツアーのテーマソングで、ちょっとした非日常を味わえる重厚感あるダンスナンバー”だと仕上がりを語っていたが、ツアーの核となる予期せぬ曲からの始まりに客席からは大きな歓声が上がっていた。

そして、場内が暗転したのも束の間。再びスポットライトが灯ると黒猫をイメージさせる衣装の鈴木愛理がバックダンサーとともにステージ上段の中央へと現れ、「Good Night」や初披露の「Get in the Groove」、「TRICK」をノンストップで歌い上げた。

以降も観客を魅了しながらの神出鬼没かつパワフルなパフォーマンスがくり返され、アンコールを含む計20曲を披露して2時間に及ぶステージは終演した。

開演前、今回のツアーへ挑むにあたり“ダンスナンバーを中心に「攻め」の曲が多いので、歌って踊るスタイルをもっと自分のモノにしていきたい”と決意を示していた鈴木愛理。

なお、<鈴木愛理 LIVE 2019“Escape”>は8月4日(日)の大阪・フェスティバルホールまで全国で開催。鈴木愛理は、8月12日には国営ひたち海浜公園で開催される大規模音楽フェス<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019>への出演も控えるが、ソロシンガーとしてのさらなる成長に期待がかかる。

No image

<鈴木愛理 LIVE 2019“Escape”>|静岡市清水文化会館マリナート 大ホール(2019年5月25日)

No image

<鈴木愛理 LIVE 2019“Escape”>|静岡市清水文化会館マリナート 大ホール(2019年5月25日)

歌って踊っていくスタイルをもっと自分のものにしていきたい

――今回のツアータイトル<Escape>の意味は?

鈴木愛理:

英単語の“Escape”は“逃げる”という意味を持っているのですが、そのままの意味をツアーの内容にしています。鈴木愛理が指名手配されている設定で、いろんな人に追われているところから“逃げる”という意味を取って“Escape”というツアータイトルにしました。このツアーのテーマソングでもある「Escape」という楽曲が私のデビューシングルになることからもダブルの意味を込めて<Escape>というタイトルにしました。

――昨年のツアー<PARALLEL DATE>からの変化は?

鈴木愛理:

<PARALLEL DATE>は1つの物語として成立するものを作りました。そのスタイルを今回でも貫いていこうということで、本編は1つの物語としてパッケージ化したものを作るように意識しました。前回は<PARALLEL DATE>という名の通り、鈴木愛理とパラレルの世界でデートしている気分を味わえるツアーだったのですが、今回は<Escape>なので、まったく異なる体感をしていただける内容だと思います。

――1stシングル(の楽曲)はどのような仕上がりか?

鈴木愛理:

今回の楽曲は、イントロから耳に残る楽曲に仕上がりました。今回のツアーのテーマソング的な雰囲気もある曲です。アニメな世界観だったり、ちょっと非日常的な世界観を感じられるような重めなサウンドになってるダンスナンバーです。今回特に嬉しかったことは、私が憧れてきたBoAさんの「VALENTI」や「LISTEN TO MY HEART」などの楽曲を手掛けてきた原(一博)さんに楽曲を書いてもらったことです。レコーディングのディレクションまでしていただけたことが、1stシングルとしてすごく大きな大きな思い出になったので大事に歌っていきたいと思います。

――1stアルバム『Do me a favor』からの成長や変化は?

鈴木愛理:

1stアルバムを出したのが(2018年)6月6日で、もうそろそろでデビュー1年になります。私の中では時間が経つのが早かったのか遅かったのか、本当にわからない感じです。あっという間だったと思うこともあるんですけど、デビューしたのが3年前くらいに感じることもあり、デビュー1年目はすごく充実した濃厚な活動をたくさんさせてもらえました。シングル「Escape」の歌詞に“鬼さんこちら手の鳴る方へ”というキャッチーなフレーズが入っていたりするので、カラオケでも歌ってもらいたいと思います。ライブの中で歌いたい楽曲も たくさん増えて、自分のこだわりがどんどん出てくるようになったのは成長したところかなと思います。これからも作品をたくさん作っていきますので、いろんな楽曲を楽しみにしててください。

――今回のツアーを経て、どのように成長していきたいか?

鈴木愛理:

初めてのホールツアーでリハーサルを行なって感じたことは、視野を広く取る、目線を高くする、できるだけ多くの方と目を合わせるという意識があるので、姿勢がピンとします。今回のツアーは“非日常感”が際立つ演出になっていますので、自分がその世界の中でみなさんが“追いかけたくなる”と思えるような物語の主人公をしっかりと演じたいです。ダンスナンバーの攻め曲がセットリストに多いので、歌って踊っていくスタイルをもっと自分のものにしていきたいです。たくさんの方に観に来てもらえるように頑張ります。

No image

<鈴木愛理 LIVE 2019“Escape”>|静岡市清水文化会館マリナート 大ホール(2019年5月25日)

「Escape」

発売日:2019年9月4日(水)

【初回生産限定盤 A】EPCE-7513〜4(CD+DVD)¥1,600+税

【初回生産限定盤 B】EPCE-7515〜6(CD+DVD)¥1,600+税

【初回生産限定盤 SP】EPCE-7517〜8(CD+DVD)¥1,600+税

【通常盤 A】EPCE-7519(CDのみ)¥1,000+税

【通常盤 B】EPCE-7520(CDのみ)¥1,000+税

【通常盤 C】EPCE-7521(CDのみ)¥1,000+税

■収録曲

01.Escape

02.IDENTITY

03.Escape(Instrumental)

04.IDENTITY(Instrumental)

鈴木愛理 LIVE 2019“Escape”

6月2日(日) 開場17:00/ 開演18:00 会場:日本特殊陶業市民会館フォレストホール

6月8日(土) 開場16:30/ 開演17:30 会場:NHK 大阪ホール

6月16日(日) 開場16:30/ 開演17:30 会場:パシフィコ横浜 国立大ホール

6月22日(土) 開場17:00/ 開演18:00 会場:東京エレクトロンホール宮城

6月29日(土) 開場16:30/ 開演17:30 会場:JMS アステールプラザ 大ホール

7月12日(金) 開場17:30/ 開演18:30 会場:カナモトホール(札幌市民ホール)

7月19日(金) 開場17:30/ 開演18:30 会場:福岡市民会館

8月4日(日) 開場16:00/ 開演17:00 会場:フェスティバルホール

関連リンク

鈴木愛理オフィシャルホームページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【鳥肌】「新宿はたまにヤバい人がいる」一人で人力トランスを演奏する路上ミュージシャンが凄すぎると話題に!
『FGO』カルナの新モーションで悠木碧さんが感極まる! 第2部 第4章の続報や「FGO Fes. 2019」最新情報も【配信直前SPまとめ】
【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>ROTTENGRAFFTY「2021、お達者で。to be continued、ありがとう」
サザン、約55万人動員の過去最大規模ツアーが閉幕「みんな元気で ありがとうね」
大阪☆春夏秋冬、<a-nation 2019>出演決定!「出られる喜びで胸がいっぱいです」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加