鼻骨骨折のボヌッチ、フェイスガード着用し強行出場へ...ひじ打ちで負傷

鼻骨骨折のボヌッチ、フェイスガード着用し強行出場へ...ひじ打ちで負傷

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/13
No image

フェイスガードを着用してトレーニングに臨むボヌッチ [写真]=Getty Images

イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、13日に行われるスウェーデン代表との2018年ワールドカップ欧州予選プレーオフ第2戦で鼻骨骨折しているもののフェイスガードを着用して出場する。イタリア紙『コッリエーレ・デッロ・スポルト』が12日に報じた。

ボヌッチは、10日に行われた同代表とのプレーオフ第1戦で、FWオラ・トイヴォネンに顔面にひじ打ちをくらって負傷した。その後もプレーを続け、フル出場を果たしたボヌッチ。しかし試合後の精密検査の結果、鼻骨骨折していたことが判明した。

第2戦ではフェイスガードを装着して試合に出場する模様。ワールドカップ出場へ運命が掛かる一戦に、負傷をおして強行出場することとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル まさかのゴール祭り
中国のサッカー記者が日本人審判を絶賛!「われわれは感謝すべき」―中国メディア
タイ1部リーグで「歴史的」八百長スキャンダル、選手ら12人逮捕
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
「イカルディは来季レアルでプレーする」。元清水・マッサーロ氏が断言する理由は...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加