扇谷主審、名木副審らが昨季限りで引退...女子では20歳の1級主審も、JFAが発表

扇谷主審、名木副審らが昨季限りで引退...女子では20歳の1級主審も、JFAが発表

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/23
No image

日本サッカー協会は23日、2017シーズン限りで引退する1級審判員と、新たに1級となった審判員のリストを発表した。

男子ではJ1リーグ戦で222試合で笛を吹いた扇谷健司主審、326試合を裁いた名木利幸副審ら5人が引退。女子では2008年から16年にかけて国際主審も務めた今泉奈美主審ら4人が第一線を退いた。

一方、2018シーズンからは新たに男子11人、女子5人、フットサル2人が1級審判員に就任。1997年生まれの廣田奈美さんは弱冠20歳での登録となり、JFA担当者によると「歴代最年少の1級かは定かではないですが、たいへん珍しい」という。

引退、新1級審判員は以下のとおり

▼引退

[男子]

藤田稔人

宮島一代

前之園晴廣

扇谷健司

名木利幸

[女子]

今泉奈美

間渕三香子

樽本好美

河添三代子

▼新1級審判員

[男子]

荒上修人

高橋悠

清水拓

松尾明徳

長嶺滉希

田邉裕樹

舟橋崇正

原田雅士

廣瀬成昭

高崎航地

原田大輔

[女子]

上田千尋

山口鈴佳

中本早紀

廣田奈美

赤木陽美

[フットサル]

伊豫永守

高木秀信

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
C大阪、ACL経験豊富なスペイン人MF獲得。韓国FCソウルから完全移籍
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
“仲間置き去り”の韓国女子パシュート選手、涙の謝罪会見もうそだった?=韓国ネットの怒りもヒートアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加