台風18号 18日にかけ全国的に荒天

台風18号 18日にかけ全国的に荒天

  • tenki.jp
  • 更新日:2017/09/17

大型の台風18号は、17日(日)の夜は四国や中国、近畿を通過し、18日(月)は北陸や東北、北海道へかなり接近または上陸する見込みです。全国的に大荒れの天気をもたらすおそれがあるため、引き続き厳重な警戒が必要です。

No image

今後の動きは?

大型の台風18号は、17日(日)午後5時頃高知県の宿毛市付近に再上陸しました。その後も暴風域を保ったまま、今夜遅くにかけて速度を上げて中国や近畿を通過し、西日本を中心に大荒れの天気をもたらしそうです。18日(月)は温帯低気圧の性質を帯びながら明け方にかけて北陸付近を通り、その後東北や北海道にかなり接近、上陸する見込みです。温帯低気圧の性質を帯びたからといって全く油断はできず、暴風や強風が吹く範囲が広がる可能性があります。東日本や北日本でも大荒れとなるでしょう。

雨はどのくらい降る?

17日(日)の夜遅くにかけて、西日本を中心に局地的には息苦しくなるくらいの猛烈な雨が降るおそれ。18日には東日本や北日本で雨のピーク。滝のような雨が降り、大雨となる所も。
18日(月)午後6時までの24時間に予想される雨の量(多い所で)は、
四国、近畿、北海道:250ミリ
中国、東海、東北:200ミリ
関東甲信、北陸:150ミリ
九州北部:120ミリ
また、北海道ではその後もさらに雨量が増え、19日(火)午後6時までの24時間に50~100ミリの雨が予想されています。
大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。危険な時は早めの避難が大切ですが、もし周辺が水に浸かっていたり、深夜帯で避難が困難な場合は、家の2階など少しでも高い所に避難しましょう。

風の強さは?

台風は速度を上げて北上するため、接近に伴って急に風が強まりそうです。今風が強く吹いていないからといって油断をせず、不要不急の外出は避けて下さい。
17日(日)に予想される最大瞬間風速は、
九州北部地方、四国地方、中国地方:45メートル
近畿地方:40メートル
九州南部、北陸地方、東海、関東甲信:35メートル
東北、北海道:30メートル
18日(月)に予想される最大瞬間風速は、
東北地方、北海道:45メートル
中国地方:40メートル
近畿、北陸、四国、東海、関東甲信:35メートル

波の高さは?

海上では猛烈な風が吹き、波が発達するおそれ。海は大荒れの状態が続きそうです。
17日(日)に予想される波の高さは、
四国、近畿:8メートル
九州北部、東海:7メートル
九州南部、中国、関東甲信:6メートル
奄美、北陸、東北:5メートル
18日(月)に予想される波の高さは、
北海道:8メートル
東北、四国、近畿、東海、関東甲信:7メートル
中国:6メートル
北陸:5メートル
18日(月)に次第に天気が回復する所も、大しけまたはしけの状態が続きます。海岸には近づかないで下さい。
また、台風の接近に伴って潮位が高くなる見込みです。高潮によって浸水がおこる危険性がありますので警戒、注意して下さい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「仲の良い夫婦」に何が? 妻の首を絞め“殺害”
「もう疲れました」パワハラ、長時間労働による若者の自殺
【全国の天気】台風去っても...北日本で雷雨の恐れ
ドアに牛丼が挟まり列車が遅延? 帰宅ラッシュの京浜東北線で何が起きたか...
むしろマイナスになったか謝罪会見 豊田真由子衆院議員「一般社会はできない人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加