アバーメディア、カメラの映像をリアルタイムで配信できるUVCキャプチャーデバイスを発売

アバーメディア、カメラの映像をリアルタイムで配信できるUVCキャプチャーデバイスを発売

  • MdN
  • 更新日:2017/12/06
No image

UVCキャプチャーデバイス

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社は、キャプチャー製品の新製品として、「UVCキャプチャーデバイス(型番:BU110)」を12月12日に発売すると発表した。

同製品は、UVC(USB Video Class)に対応したキャプチャーデバイスで、HDMI入力端子を搭載しており、最大1080p/60fpsでの録画・ライブ配信に対応している。HDMI出力端子のあるビデオカメラや一眼レフカメラを接続することにより、カメラの映像をリアルタイムで配信できる。

PCと接続する場合は、ビデオカメラやゲーム機、iOSデバイス(iPhoneなど)などの映像がBU110経由でPCの画面に表示される。PC側のキャプチャーソフトを利用すれば、録画・ライブ配信のカスタマイズ設定を行える。

Android端末と接続する場合は、Android端末でビデオカメラなどのソース機器の録画・ライブ配信を行える。ビデオカメラ/デジタル一眼レフカメラで撮影した中継映像がBU110を経由してAndroid端末の画面に表示される。Android端末側で配信アプリ「CameraFI Live」を利用して録画・ライブ配信を行える。

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社
価格:オープン
URL:https://www.avermedia.co.jp/product_swap/bu110.html
2017/12/06

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2017年冬の決定版!"完全ワイヤレスイヤホン"の狙い目モデル5選
データを暗号化? 今さら聞けないVPNの基礎知識
Windowsスマートチューニング 第445回 Win 10編: PINの複雑さ要件をレジストリから制御する
簡単操作でウェブ上にデータベースを作成して視覚的に操作もできる「Airtable」を使ってみた
niconico、新体制で再スタート 対話重視の運営 ユーザーは“高評価”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加