スイス代表、笑顔なきW杯出場。「ファンのブーイングは理解できない」

スイス代表、笑顔なきW杯出場。「ファンのブーイングは理解できない」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/13
No image

ハリス・セフェロビッチ(左)【写真:Getty Images】

現地時間12日、W杯欧州予選プレーオフ2ndレグが行われスイスは北アイルランドと対戦した。試合は0-0に終わるが2試合合計1-0となりスイスが4大会連続11回目の本大会出場を決めた。

この日のスイスは多くのチャンスを作りながらも得点を挙げることが出来なかった。そのやり玉に挙げられたのはFWハリス・セフェロビッチだった。前半から幾度となくシュートチャンスがありながら決められなかったセフェロビッチは86分に交代した。その際スタジアムからブーイングが浴びせられた。

試合後、スイス代表のキャプテンを務めるDFシュテファン・リヒトシュタイナーはテレビインタービューで「ファンのブーイングは良くない行為だと思う」と述べ、FWブリール・エンボロも「ハリスは献身的に働いた。ブーイングは理解することが出来ない」とサポーターの対応に疑問を呈した。

スイス紙『ターゲス・アンツァイガー』では、試合後にセフェロビッチは涙を流していたと報じている。この涙はW杯出場を決めた嬉し涙だったのか、それとも自らのブーイングに対しての悲しい涙だったのか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
モイーズ初陣は敗戦...ウエスト・ハムのファンが不満から警察に通報
ドルトムント、規律違反のオーバメヤンがCLトッテナム戦で復帰へ
ウェストハムファンが緊急通報電話に八つ当たり、地元警察が警告する事態に
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
スペイン紙、W杯の“死の組”を予想。ポット4からは日本代表が選出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加