ソン・フンミン契約延長へ!? 昨年23得点の大活躍で年俸見直しか。交渉開始と英紙

ソン・フンミン契約延長へ!? 昨年23得点の大活躍で年俸見直しか。交渉開始と英紙

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/14
No image

トッテナムに所属するソン・フンミン【写真:Getty Images】

トッテナムがチームに所属する25歳の韓国代表FWソン・フンミンとの契約更新に向けて動き出した。13日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

2015年にレバークーゼンからトッテナムに加入した際、ソン・フンミンは週給6万ポンド(約914万円)の契約を結んでいる。2020年6月までの5年契約のため、まだ多くの契約期間を残している状況だ。

同紙によると、トッテナムがソン・フンミンに対して新契約を提示し交渉に乗り出したとのこと。今季大活躍していることもあり、契約期間と給与の見直しを行うようだ。同選手の他にクリスティアン・エリクセンも契約更新リストに入っているという。

ソン・フンミンは2017年にトッテナムで合計23ゴール(2016/2017シーズンに公式戦14得点、2017/2018シーズンに公式戦9得点)、韓国代表としては3ゴール記録している。プレミアリーグのアジア人最多得点記録を更新し、アジア国際年間最優秀選手にも選ばれていた。

 さらに国際サッカー連盟(FIFA)傘下の国際スポーツ研究センター(CIES)による調査の結果、ソン・フンミンの市場価値は7260万ユーロ(約98億3000万円)に高騰し欧州5大リーグ全選手の中で56位にランクインしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本サッカーは「時代の波に乗り遅れている」 米国初の“日系資本クラブ”が抱く危機感
【ISU欧州フィギュアスケート選手権2018】ペア  選手コメント<ショートプログラム:上位5選手>
最も影響力のあるランジェリーモデル
浅野拓磨をポルティモネンセが獲得へ!?「発表間近」と現地紙。中島翔哉の代役として急浮上
負けて審判のせいにばかりする中国サッカーU−23代表に、人民日報がついにキレた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加