エア・ドゥ、高校生が育てた「雪化粧かぼちゃ」使用のどら焼きを機内提供

エア・ドゥ、高校生が育てた「雪化粧かぼちゃ」使用のどら焼きを機内提供

  • Traicy
  • 更新日:2018/12/02
No image

AIRDO(エア・ドゥ)は、北海道の農業高校と農業に関する学科設置高校など14校の高校生が育てた「雪化粧かぼちゃ」を使用した「どら焼き」を開発し、期間・便限定で機内で無料提供する。

提供する「どら焼き」は一般的なサイズよりも小ぶりの生地ではあるものの、北海道産の小豆とともに「雪化粧かぼちゃ」を使用した餡をたっぷりと使用しており、「雪化粧かぼちゃ」の甘味がしっかりと感じられるという。

提供期間と路線、便は、12月13日から19日まで、東京/羽田〜函館線のADO59便・60便、12月21日から26日まで、東京/羽田〜札幌/千歳線のADO23便・26便、2019年1月8日から14日まで、東京/羽田〜旭川線のADO84便・87便、2019年1月15日から21日まで、東京/羽田〜女満別線のADO78便・79便と東京/羽田〜釧路線のADO73便・74便、2019年1月22日から28日まで、東京/羽田〜帯広線のADO66便・67便。

エア・ドゥと北海道は包括連携協定を締結しており、「北海道の魅力ある『食』と『観光』の振興」、「北海道を支える『人づくり』」の観点から、北海道の農業高校の教育活動への応援も込めて、高校生が育てた農産品を活用した商品開発に着手し、乗客に商品を提供することで、生産から消費までの流れを高校生に身近に感じてもらい、将来の農業を担う人材育成を促したいとしている。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<コラム>韓国には「化け物」みたいな人がときどきいる
全国初の無人店舗 トライアルが13日開業 福岡・大野城市
旬のアイテムをすべて備えた XC40...吉田由美【日本カーオブザイヤー2018-19】
【報ステ】仏大統領 大規模デモで“譲歩策”発表
【投資のヒント】日本を代表する企業で配当利回りが4%以上の銘柄は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加