最新ランキングをチェックしよう
「PKO」と「共謀罪」 議論が深まらない原因は政府の“言葉”?

「PKO」と「共謀罪」 議論が深まらない原因は政府の“言葉”?

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/06/23

【共謀罪】一般人も取り締まられる? 「共謀罪法案」反対のデモ行進をする人たち (c)朝日新聞社

 今年の国会の主要なテーマとなったのが、「共謀罪」と「国連平和維持活動(PKO)」という二つの問題だ。ところが、政府が国会で使う「言葉」とそれが示す「現実」がかみ合わず、なかなか議論が深まらない。政府の言葉を厳しくチェックしなければ、政府に都合のいい現実がひとり歩きする恐れがある。毎月話題になったニュ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小西洋之議員罵倒の自衛官供述全文 「国のために働け」「ばかなのか」 “国民の敵”発言は否定
立憲民主にも「セクハラ問題」 安倍政権を追いつめる時に足かせか
【普天間移設】辺野古で激化する反対運動 渋滞7キロ、住民「大迷惑」 搬入阻止へ座り込み「正義だ」
中江有里「絶望的な気持ち」自民議員のセクハラ失言
「国民の敵」小西洋之議員。よほど悔しかったんでしょうねぇ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加