アーセナルに痛手、ラカゼットがひざ手術で離脱...リーグ杯決勝など欠場へ

アーセナルに痛手、ラカゼットがひざ手術で離脱...リーグ杯決勝など欠場へ

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/02/14
No image

ひざの手術を受けたラカゼット [写真]=Getty Images

アーセナルは13日、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが左ひざの手術を受けたことを発表した。

アーセナルの発表によると、ラカゼットの手術は成功。4~6週間の離脱が見込まれているという。アーセナルは今後、15日と22日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦でエステルスンド(スウェーデン)と対戦した後、25日にはマンチェスター・Cとのカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ/EFLカップ)決勝を控えている。

ELでは新加入のガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが出場できない中、ラカゼットも離脱を強いられることとなってしまった。

We hope to see you back on the pitch soon, @LacazetteAlex https://t.co/wH94ZFZ3VH
— Arsenal FC (@Arsenal)
February 13, 2018
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
“悪魔の左足”を持つR・カルロス、「残忍FK」の反響拡大 「人々はまだ恐怖している」
香川真司不在のドルトムントが公式戦4連勝。監督交代から無敗を維持
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
なでしこ22歳FW、謎の「セクシーポーズ」反響 「なぜこんなことに...」と絶妙写真公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加