樋口新葉 自己ベスト74・26点でSP首位!松田悠良は4位

樋口新葉 自己ベスト74・26点でSP首位!松田悠良は4位

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

フィギュアスケートのロンバルディア杯は14日、イタリア・ベルガモで行われ、女子ショートプログラム(SP)では、昨季の全日本選手権2位の樋口新葉(16=日本橋女学館高)が自己ベストを更新する74・26点をマークし首位に立った。

No image

樋口新葉

「ジプシーの踊り」のメロディーに乗り、冒頭のダブルアクセルを綺麗に着氷するとルッツ―トーループの2連続3回転、3回転フリップもしっかりと決め、これまでの自己ベストを2・85点更新。演技終了後は笑顔も見せた。

また、松田悠良(19=中京大)も65.62点で4位に付ける好発進。冒頭のダブルアクセル、フリップ-ループの2連続3回転、3回転ルッツもノーミスで決め、満足そうな表情を見せた。

2位には2014年ソチ五輪銅メダリストのカロリーナ・コストナー(30=イタリア)が71.67点で付け、3位には昨季の世界ジュニア女王アリーナ・ザギトワ(15=ロシア)が71.29で付けている。

▽樋口新葉の話 こんないい点が出るイメージは全然なかったが、うまく70点を超えられた。思ったより落ち着いて滑れたし、体も動いていた。ミスがだんだん減ってきた。

▽松田悠良の話 SPはいつも緊張するが、ノーミスで点を出してもらえた。ほっとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリンピックシーズン開幕!注目選手を総ざらい【シニア女子・前編】
三原舞依がモントリオール到着 20時間長旅も元気
18歳になったフィギュア三原舞依、大人の舞見せる
「神様に選ばれた試合」羽生結弦選手が2年前の“伝説の演技”を語る!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加