現役女子高生プロボクサー・小村楓香「次はKO」川島海荷似のアイドル系

現役女子高生プロボクサー・小村楓香「次はKO」川島海荷似のアイドル系

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/29
No image

「ボクシング・女子アトム級4回戦」(12月4日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

関西初の現役女子高生プロボクサー・小村楓香(19)=門真西高2年、グリーンツダ=が29日、大阪市内で練習を公開し「次はKO」を宣言した。相手は1戦1敗の松岡瑞稀(筑豊)。スター街道を歩むため、完勝突破を目指す。

小村は8月にプロデビューし判定勝利した。女優の川島海荷に「似ている」と言われるアイドル系。中学2年時にボクシングに転向してプロを目指した。だが高校2年で「夜遊び」を繰り返すなど、道を踏み外して落第。今春も進級できず、4月からは3度目の2年生として学校に通う。

“ビリギャル”から世界王者を目指すJK。デビュー戦にはテレビ3局が収録に訪れるなど、大きな注目を浴びてきた。

前戦は女子だけだったが、今戦は男女問わず制服姿で生徒手帳持参の高校生を無料で招待。「デビュー戦後、(2歳下の)同じ学年の子らとすごく仲良くなることができた。1年生からも『ボクシングやってる人だ』と言われたり」と、学園のアイドルの様子。

今は2学期末の真っ最中で減量と戦いながらのテストは苦行。「みんなジュースとか平気で飲むし。『一口食べれば』って勧めてくるのがきつい」と、嘆いた。

2連勝を飾り、冬休みを終えれば、勝負の3学期。「担任の先生は『今は大丈夫』って言ってくれてるんですけどね」。3年生進級、3度目の正直のためにも、試合で負けられない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
金本監督 引退会見前日に長谷川穂積から連絡あった 第2の人生にエール
ブレット問題発言「こんな会社、やめてやる」――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第241回(1997年編)
長谷川穂積引退 “ボクシングの虫”にも勝ち王者のままリングを去る
W-1・河野がイケメン粉砕でV1 若手軍「NEWERA」全敗で無冠に
長谷川穂積引退 異例!世界王者のまま...不死鳥伝説残し17年間のボクシング人生に幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加