節約家ママはやっている!子ども服は「古着屋」で買う5つのメリット

節約家ママはやっている!子ども服は「古着屋」で買う5つのメリット

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2017/12/07
No image

「子どもの服ってすぐに着られなくなる…」「買うのがもったいない気がすることがある…」など、すぐに着られなくなってしまう子ども服を購入するのに、悩んでしまうママは多いのではないでしょうか。

実際、去年買った服が今年は着られない、といったケースは珍しくなく、シーズン毎に買い続けているというママは多いものです。

そんなママにおすすめしたいのが「古着屋さん」の活用です。意外にもメリットが多いので、ご紹介させていただきます。

古着屋での購入は節約ママにおすすめ!

古着屋に対し、「誰が着たのか分からないから不安…」といったイメージを持つママも多いと思います。確かに、購入時に持ち主の顔が分かるわけではないので、確かに不安を感じることがあるかもしれません。

しかし、店舗で販売されている古着は全て、クリーニング・消毒が済んでいる服です。そのため、不潔な状態で陳列されているということはないので安心してください。

古着は消毒済みで衛生的に問題はなく、さらに定価よりも格段に安く購入できるため、育児中のママにぴったりのサービスです。

金銭面だけじゃない!古着屋で服を購入するメリット5つ

古着屋で服を購入することは、意外にもメリットが存在します。

ここからは、そんな古着屋で子ども服を購入するメリットについてご紹介します。

安く手に入る

まず、第一に言えるのが「安く購入出来る」ということ。新品と古着で同じ服を買う場合、金額を比較すると3倍以上変わることも珍しくありません。そのため、金銭面のメリットは非常に大きいといえるでしょう。

実際、3000円の服が1000円で購入出来たら非常にお得ですし、3000円で複数枚購入出来る可能性もありますよね。

「すぐに着られなくなってしまうからあまり子ども服にお金をかけたくない」というママは古着屋で服を購入することをおすすめします。

汚しても気にならない

もともと古着は新品の服ではありません。そのため、子どもが汚しても気にならないというメリットがあります。

古着屋を活用しているママの中には「外遊び用で古着屋の服を買っている」「絵具や粘土をするときは古着の服を着せている」など、シーンに応じて古着屋で服を購入しています。

新品の服とは違って服を汚すことに神経質にならないので、「外遊びの日」「普段着」などのみに古着を着せるというのもアリなのではないでしょうか。

ハイブランドの服が安く手に入る

ハイブランドの服も10分の1以下で購入できるのが古着屋さんのメリット。ハイブランドの服は、生地の質や縫製が丁寧である傾向にあるため、一般的なファストファッションと比較すると服が丈夫です。

そのため、数回洗濯をしたらヨレヨレになってしまった…。いつのまにか糸がほつれている…。といったトラブルが少ないのが魅力です。

新品で質の悪い服をたくさん買い足していくよりも、古着で質の良い服を少なく買うという選択肢もあるのではないでしょうか。

ただ、ブランドによっては「安くても質の良い服」「ハイブランドでも傷みやすい服」などがあるため、一概にはいえません。目安として捉えておきましょう。

1つの店内でさまざまなブランドやジャンルの服を購入出来る

古着屋さんは1つの店舗でさまざまなブランドやジャンルの服を取り扱っています。そのため、1つの店舗で気に入ったものを見つけやすいといったメリットがあるのです。

実際、服を選ぶ際に何件もお店をはしごしたり、通販サイトでも様々なブランドのサイトから購入しているというママもいるのではないでしょうか。

手間が少なくなる、という面から見ても古着屋は育児や家事で忙しいママの味方となるのではないでしょうか。

いらない服を売ったお金で服が買える

古着屋は購入するだけでなく、実際に自分のいらない服を売ることもできます。そのため、服を売って得たお金で古着を購入することが可能です。場合によっては、売ったお金で買う服の支払いが済んでしまうというケースもあるのでしょう。

また、服を捨てる手間もなくなります。服を捨てるのは意外にも面倒で、そもそも地域で指定された資源ごみの日が少なくて捨てるタイミングが無かったり、装飾品を外さなくてはならないこともあるので、忙しいママには大きな手間でもあります。

服の処分、お小遣いのゲットなど、服を売ることも出来る古着屋には「売る側」としてのメリットも存在します。

まとめ

あっという間に大きくなる子どもに嬉しさを感じつつも、去年来ていた服が着られずに「新しいのを買わなくちゃ…」と頭を悩ませることも多いですよね。そんなママはぜひ古着屋を活用してみましょう。

もちろん、服を全て古着屋で賄う必要はなく、「お外遊び用にだけ」「普段着として着る分だけ」など、シーンに合わせて買う服をチョイスするのもおすすめです。

ぜひ、子ども服のことで悩んだ際には、一度古着屋を除いてみてはいかがでしょうか。意外にも、お気に入りの1枚が見つかるかもしれません。

(ハピママ*)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
【衝撃】元ネットカフェ店員が語る「マジで迷惑な客」ベスト5がカオスすぎてヤバイ! 本当にそんな客いるのかよ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加