関東大学サッカー運命の最終節、1部残留争いは三つ巴、2部では早稲田が“勝てば天国負ければ地獄”

関東大学サッカー運命の最終節、1部残留争いは三つ巴、2部では早稲田が“勝てば天国負ければ地獄”

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/18
No image

関東大学サッカーリーグの最終節が18日と19日に行われる。1部リーグは前節で筑波大の13年ぶり15度目の優勝が決定。4位から6位までの順位は決定していないが大学選手権(インカレ)出場枠内は確定しており、焦点は残留争いにあたっている。

2部リーグへは下位2チームが自動降格。9位の駒澤大も数字上は可能性を残すが、得失点差で大きく離れているため、実質下位3チームの争いになっている。

現在残留圏の10位にいるのは日本体育大。前年のインカレ準Vチームは、前節の専修大との直接対決を制したことで、最下位から一気に残留圏まで浮上した。

ただ同勝ち点、さらに同得失点差の11位で慶應義塾大が続いている。慶大も前節は駒澤大に2-1で勝利。勢いを持って最終節に向かう。しかし総得点では日体大と11差あるため、並んだ状況では不利。

最下位の専修大は残留圏と勝ち点2差。日本代表でブレーク中のMF長澤和輝らを擁した11年から14年まで前人未到の4連覇を成し遂げた強豪が、降格危機で運命の最終節を迎える。

組み合わせは日体大が4位の法政大、慶大が3位の流通経済大、専修大が7位の東洋大。キックオフは3試合とも18日14時となっている。

【第22節】

(11月18日)

[栃木市総合運動公園陸上競技場]

東京国際大 14:00 桐蔭横浜大

[味の素フィールド西が丘]

流通経済大 14:00 慶應義塾大

[相模原ギオンスタジアム]

法政大 14:00 日本体育大

[日本大学稲城総合グラウンド]

東洋大 14:00 専修大

[三ツ沢公園陸上競技場]

明治大 14:00 駒澤大

(11月19日)

[味の素フィールド西が丘]

筑波大 13:00 順天堂大

また2部リーグの1部昇格争いもし烈となっている。首位の国士舘大がすでに1部復帰を決めているため、残り1枠の争いになっているが、2位の早稲田大と3位の中央大は勝ち点2差。得失点差では早稲田大が大きく上回るため、勝ち点1でも積み上げれば有利だが、敗れれば中央大に逆転を許す可能性がある。

さらに面白いのが早稲田大は国士舘大と対戦するということ。両チームの勝ち点差は3で、早稲田大は勝てば、1部昇格と同時に逆転優勝を飾ることになる。だが国士舘大も優勝がかかった一戦ということで、モチベーションも高いはず。早稲田大にとっては、“勝てば天国負ければ地獄”という一戦になる。

なお中央大は東海大と対戦。両試合とも18日11時30分にキックオフする。

【第22節】

(11月18日)

[中央大学多摩キャンパスサッカー場]

中央大 11:30 東海大

[栃木市総合運動公園陸上競技場]

東京農業大 11:30 立正大

[拓殖大学八王子国際キャンパスサッカー場]

拓殖大 11:30 朝鮮大

[相模原ギオンスタジアム]

青山学院大 11:30 神奈川大

[日本大学稲城総合グラウンド]

東京学芸大 11:30 日本大

[三ツ沢公園陸上競技場]

国士舘大 11:30 早稲田大

●第91回関東大学1部L特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアルが初練習=クラブW杯サッカー
サッカー界に進出したチャイナ・マネー、世界で躍進する中国系大企業10選
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
GK離脱が続くバイエルン、レヴァークーゼン守護神の引き抜きを否定「誤報だ」
先制弾スアレス 試合振り返る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加