最新ランキングをチェックしよう
「腎臓を下さい」妻のために毎日看板を下げて歩いた74歳(米)

「腎臓を下さい」妻のために毎日看板を下げて歩いた74歳(米)

  • Techinsight
  • 更新日:2017/11/12

この夏に腎臓移植手術を受けて笑顔を取り戻したセレーナ・ゴメス。移植後にドナーとなった親友のことを「究極の犠牲を払い、究極の贈り物をくれた人」と絶賛し、「私はものすごく恵まれている」と明かしていた。スーパースターの告白で一躍注目を浴びた腎臓移植だが、ドナーを探すのは決して容易ではない。
米ユタ州ファー・ウェストで先月中旬ごろから、帽子にスーツという正装で2枚のメッセージボードを身体の前後にかけ、車の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クロちゃんの連日の”嘘ツイート”疑惑、ついに医師にまで疑われてしまう事態に
ラストアイドル、小室哲哉プロデュースでイメージ一変「さすが小室さん」「斬新」「アイドル曲の概念が吹き飛んだ」
小室哲哉「不貞騒動」でも妻・KEIKOに同情の声が少ない理由
高畑裕太の現在の容姿や職業が判明、想像の斜め上だった! 芸能界復帰を画策するも“ママ離れ”はまだまだ先か!?
ももクロ有安杏果はハブられぼっちだった!? 異例中の異例の脱退「マスコミに媚を売り...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加