8割が「内定ブルー」経験 18年卒、「就職後が不安」

8割が「内定ブルー」経験 18年卒、「就職後が不安」

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/11/13
No image

2018年に卒業予定の学生のうち、入社する企業を決めた後に不安や憂鬱な気分になる「内定ブルー」に陥った経験のある人は81.1%――人材サービスのアイデムの調査でこうした結果が出た。

学生の悩みの内容は「社会人としてやっていけるのか」が59.9%でトップ。以下、「同期や社員とうまくやっていけるか」(49.0%)、「入社予定企業が求める力が本当に自分にあるのか」(38.9%)――など、自分の協調性やスキルを不安視する声が多かった。

一方、「志望企業ではなかったから入社したくない」(2.4%)、「入社予定企業に対する家族の評判が悪い」(10.6%)――などの悩みを持つ人は少数派だった。

学生の「内定ブルー」の内容

では、学生が「働きやすそうだ」と感じるのはどのような企業なのだろうか。

調査によると、残業禁止やノー残業デーの実施など「残業削減の取り組みがある企業」が46.0%でトップ。以下、バースデー休暇など「有給休暇以外の独自の休暇制度がある企業」(44.3%)、「女性の育児休暇取得率・復帰率が高い企業」(42.4%)――と続いた。

アイデムは「給与の高さよりも休日の多さ、自己成長よりも残業の少なさを求める学生が増えている。学生が『ワーク・ライフ・バランス』を重視する傾向が改めて浮き彫りとなった」と分析している。

No image

学生が「働きやすい」と感じる企業

調査は10月1〜3日にかけて、18年3月に大学・大学院を卒業予定の男女655人を対象にインターネット上で実施した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広がる中食市場、コンビニの“主戦場”に ファミマは来年度3工場増強
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
住宅を売却する前にリフォームする?しない?
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
「株価はどうして下がったのか?」 株価動向の分析のために知っておきたいキホン指標
  • このエントリーをはてなブックマークに追加