【こんな記録にも注目】“無駄球”ない巨人マイコラス 制球王&奪三振の両獲りだ

【こんな記録にも注目】“無駄球”ない巨人マイコラス 制球王&奪三振の両獲りだ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

「K/BB」という指標がある。投手の奪三振数を与四球数で割った数値で、守備の影響を受けない三振、四球の比率は投手能力の高さ、特に制球力の良さを示す。一流投手は3・5を超えるこの指標で、巨人・マイコラスは今季8・45。阪神・秋山の8・77に次いで12球団2位につける。2リーグ制以降、8以上をマークしたのは7人しかいない。

No image

ノックを受けるマイコラス

リーグトップの169奪三振に対して四球は20個と少ない。「不必要な出塁は避けたい。相手に向かっていく気持ちを持っていること。それが四球を少なくして、三振を多くしている」。顕著だったのが8月16日ヤクルト戦。7回無失点で自身最多12三振を奪い、無四球だった。全24打者に初球ボールだったのは5度だけ。3球三振が5度あった。「無駄球」を投げずに勝負しているのが分かる。

もう一つの特徴がカーブの多さ。木村投手兼トレーニングコーチは「カーブがいいときは三振の多さに比例している」と分析する。前回9月10日のヤクルト戦では全104球中、21%にあたる22球も投じた。8つ奪った三振のうち、6つは途中にカーブを織り交ぜた。

マイコラスには「チャンスがあれば奪三振のタイトルを獲りたい」という思いもある。 (神田 佑)

▼巨人・村田バッテリーコーチ 球種が多彩で的が絞りづらい。追い込みやすくもなる。全てを勝負球に使える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島・江草 現役引退 未練は...「マツダのお立ち台に立ちたかった」
昨季最下位→現在4位で...オリ福良監督 続投決定「来年はCS」
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
楽天藤平3勝目お預け「金子さん意識してしまった」
21日の予告先発 日ハム大谷vsソフトB武田、西武菊池vsロッテ佐々木
  • このエントリーをはてなブックマークに追加