重賞2勝のアドマイヤデウスがオーストラリアへ移籍

重賞2勝のアドマイヤデウスがオーストラリアへ移籍

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

第63回日経賞を制したアドマイヤデウスと岩田康誠騎手(2015年3月28日撮影)

重賞2勝のアドマイヤデウス(牡6、梅田)が10日付で競走馬登録を抹消、オーストラリアへ移籍することが発表された。

JRA通算成績は22戦5勝。重賞勝利は15年日経新春杯、日経賞(以上G2)。付加賞を含む総収得賞金は2億6232万4000円。

現地紙のシドニーモーニングヘラルド電子版によると、同国のシンジケートに売却され、今後はウィアー厩舎に在籍。コーフィールドC(G1、芝2400メートル、10月21日=コーフィールド)からメルボルンC(G1、芝3200メートル、11月7日=フレミントン)を目指すという。梅田師は「トレードが決まった。先週の金曜にも見たけど馬は元気。頑張ってほしい」と異国での活躍を期待していた。ウィアー厩舎には過去に重賞2勝馬トーセンスターダムも移籍している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
「中古車を購入したら...前の所有者が彼女から受け取ったメモ書きが残っていた」→世の男たちを震え上がらせた文面
紗栄子と「別れてくれて良かった」元恋人率いるサイト運営会社社員の肉声
この日本のインコの歩きっぷりを見れば「元気になれる!」と海外で話題に笑
人には言えない「ひとりエッチしてる率」を調査 2、30代女性は3割が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加