スプーンを飲み込んだ女性、緊急手術 その理由に“ゾッとした”衝撃の声殺到

スプーンを飲み込んだ女性、緊急手術 その理由に“ゾッとした”衝撃の声殺到

  • リアルライブ
  • 更新日:2019/04/25
No image

画像はイメージです

魚を食べていて、骨が喉に引っかかってしまった経験がある人は少なくないだろう。中国では、そんな些細な出来事が大事故に発展してしまったようだ。

海外ニュースサイト『Oditty Central』は4月17日、中国・広東省に住む25歳の女性が、喉に引っかかった魚の骨を取ろうとして長さ13センチもある金属製のスプーンを誤飲する事件があったと報じた。同記事によると、女性は金属製のスプーンを使って喉に引っかかった魚の骨を取ろうとしたところ、うっかりスプーンが指から滑り落ちてしまい、飲み込んでしまったという。女性は痛みを感じなかったため、当時女性が住んでいる地域がイベントシーズンで、こんな事で医者に行くのは大げさだと遠慮していたのだそうだ。誤飲の4日後に病院に行った女性は経緯を医者に話し、X線検査をしたところ、胃の中に大きな金属製のスプーンが引っかかっているのが確認された。金属製のスプーンは胃の中で膨張し、腐食が始まっていたが無事に除去手術は成功。女性の容体は安定しているそうだ。

この事件が世界に拡散されると、ネット上では「なぜスプーンで魚の骨を取ろうとしたの?」「胃の中にスプーンだなんて、考えるだけでゾッとする!」「一体どうやったら13センチもあるスプーンを飲み込めるの?」など、驚きの声が寄せられた。

体内に異物が混入してしまった事件は他にもある。

2018年10月には、中国の26歳・男性が、酔った勢いで賭けをし、罰ゲームとして長さ20センチほどもあるスプーンを飲み込んだ。飲食に全く支障がなかったため、男性はスプーンを食道に引っかからせたまま1年間普段どおりに生活していたそうだ。ある日突然、呼吸もできないほどの胸の痛みを訴え、男性は病院に担ぎ込まれた。診断の結果、食道に詰まったスプーンは粘膜に覆われ、食道内に大量の雑菌が繁殖し、感染症を引き起こしていることが判明。手術によってスプーンは無事摘出され、男性は健康を取り戻したという。

また、2019年1月には、中国の29歳・男性が誤って飲み込んだ爪楊枝が心臓に刺さり、手術を受けるという事件があった。男性は自分の酒を他の人のものと区別するために、グラスに爪楊枝を入れておく癖があったそうだ。男性は気づかずに爪楊枝を飲み込んだ可能性が高いと同記事は報じている。3〜4年間、男性は胸の痛みと40℃を超える高熱による体調不良に悩まされたという。地元の病院では原因がわからなかったため、大病院で検査を受けることとなった。そこで爪楊枝が心臓に刺さっていることが判明。体内で爪楊枝は気道に刺さった後、徐々に肺に到達し、そこから心臓に刺さったとみられる。大手術を経て爪楊枝は心臓から取り除かれ、男性は助かったとのことだ。

異物を誤飲してしまうことは誰しもに起こり得るが、放置すると深刻な結果を招く場合もある。もしも異物を飲み込んでしまったら、たとえ痛みがなくてもすぐさま病院に行くのが賢明だろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
7年間、毎日3時間の自分磨き。武井壮が編み出した「選ばれる人になる方法」
昭和レトロだと思いこんでいた平成のヒット商品ランキング
「朝シャワー」で疲労感が何もしない人の3倍軽減
犬はどうやって自分の名前を理解しているの?
学校の旅行代を振り込もうとしたら... 「振込先」を見たママが絶句
  • このエントリーをはてなブックマークに追加