au版「Xperia XZ」が11月上旬に登場! 3つの新しいSTAMINAモードを搭載

au版「Xperia XZ」が11月上旬に登場! 3つの新しいSTAMINAモードを搭載

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/10/18

KDDIは、2016年秋冬モデルとして、ソニーモバイル製「Xperia XZ SOV34」を発表。Android 6.0を搭載し、11月上旬発売予定です。

No image

フォレストブルー

現行機種「Xperia X Performance SOV33」からは、おもにカメラ機能および充電・バッテリーまわりが進化。

背面カメラの画素数は2300万画素と、X Performanceと同じものの、レーザーAF搭載により暗い場所でのフォーカス速度が上昇。また、RGBC-IRセンサーにより、従来ではホワイトバランスが狂ってしまうような場所でも、自然な色合いにあわせられるようになりました。

ソフトウェア的にはマニュアルモードにピント位置、シャッタースピードの変更設定を追加。加えて、動画撮影時の光学式手ブレ補正「インテリジェントアクティブモード」がさらに強化され、マクロ撮影時に起きやすいシフトブレの補正にも対応。手持ちでの動画撮影がより快適になります。

バッテリーは2900mAhで、X Performanceと比べるとやや増。Qnovo社による長寿命バッテリー技術に加え、毎日の充電パターンを学習し、バッテリーに必要以上の負荷をかけないようにする「いたわり充電」にも対応しています。

また、省電力機能「STAMINAモード」に「電池持ちを優先」「バランスよく充電」「制限を最小限に」の3つを用意。制限する項目の増減で駆動時間を変わるようになります。

No image
No image

プラチナ

No image
No image

ミネラルブラック

No image
No image

ディープピンク

カラーバリエーションは、先週発表されたソフトバンク版と同様4色。ソフトバンク版との違いは、背面のロゴのデザインや対応通信速度(下り最大370Mbps、上り最大30Mbps)となります。

この冬、スマホの買い替えを考えている方はぜひチェックしてみてください。

■関連サイト

au

ソニーモバイル

Xperia on ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の不思議な音響技術がつまったスピーカー「pavé」を聞きに行ってみた
ECS、小型PC"LIVA X2"にHDMIケーブルなどを同梱したテレビ接続向けセット
二次元バーコード柄!? ユニークなセーター登場
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
AmazonサイバーマンデーセールにAnkerが登場!バッテリーやスピーカー、伝説のポータブル電源まで3日間日替わりでセールを開始!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加