ラグビー日本代表・姫野和樹 亀梨和也のタックルを「初めてにしてはサマになっている」

ラグビー日本代表・姫野和樹 亀梨和也のタックルを「初めてにしてはサマになっている」

  • Techinsight
  • 更新日:2019/11/04
No image

『ラグビーワールドカップ2019日本大会』は11月2日、南アフリカの優勝とともに閉幕した。今大会で初の8強入りを成した日本代表チームから“ナンバー8”姫野和樹選手が3日夜、日本テレビ系で放送された『Going!Sports&News』に生出演した。彼の代名詞となった“ジャッカル”や「衝撃は1トン」と言われるタックルを解説するなか、日曜版レギュラーのKAT-TUN亀梨和也がムチャ振りされて驚く。

試合前にモチベーションを上げるため、ノートに自分の言葉を書くという姫野和樹選手。「これだけ犠牲を払ってきたんだから、ここでやらなきゃ男じゃないぞ」「侍のように戦え」などと書いたノートを閉じたら準備完了、スイッチが入るそうだ。

プロテインブランド「ザバス」のCMで姫野和樹選手がトレーニングするシーンが映るように、鍛え抜かれた体でタックルされては相手選手も飛ばされそうだが、実は力だけではないらしい。

今大会ではタックルを50回決めており、成功率は93%に上るという彼が、その「必殺タックルのコツ」について「足をしっかり使うことが大事で、飛び込んでしまうとステップで外されてしまう。相手に近い位置に足をもっていって、肩と足を使ってタックルする」と説明した。

すると山本紘之アナウンサーが「姫野選手にスタジオでタックルを実演して頂きますが…その前に、まずは亀梨さんに」とムチャ振り、亀梨和也は「僕? 僕がタックル!?」と目を丸くして確認した。

MCの上田晋也(くりぃむしちゅー)も「よく亀梨君をかませ犬のポジションにしたな!」「亀梨ファンに怒られるぞ」と山本アナに呆れており、本当にサプライズだったようだ。

それでも亀梨は「人生初タックルですよ」「やり方も何も…こう行けばいいんですか。で、倒せばいいんですか」と軽く確認しただけで、スーツ姿のまま助走をつけてサンドバッグにタックル。ドスンと重い音がして、周囲から拍手とともに「おーー!」と声が上がった。

初タックルの手応えを「自分にもすごい衝撃がきますよ」と笑顔で語る亀梨。リトルリーグで活躍し世界大会へ出場したほど野球が得意な彼だけに、ムチャ振りされたタックルをやってのける運動神経があるのだろう。

上田から「お世辞抜きで今のタックルいかがでした?」と聞かれて、姫野選手が「初めてにしてはすごいサマになっているというか、けっこう肩も当てられているんで、最初はビビっちゃうんですよね」と感心するほどのパフォーマンスだった。

視聴者によるツイートでは、「姫野和樹選手と大好きな亀梨さんが並んで映って凄い嬉しかったです Going!様ありがとうございます!」、「亀梨さんイケメン 姫野選手何かかわいい 和也と和樹だ」、「突然フラれてタックルできる亀梨さんすごいよね。体幹しっかりしてるのが流石だね」、「亀梨くんのタックル 改めて凄いなと いくら男性でも、あれを倒して一緒に倒れていくのはなかなか恐くて出来ないんじゃないだろうか?」などの反響が見受けられた。

ちなみに姫野和樹選手と日曜版お天気キャスターの永島聖羅は、同じ愛知県出身でともに1994年生まれである。その2人がお天気コーナーに登場して、姫野選手も天気予報を伝えると「ラグビートップリーグは来年1月12日に開幕します。応援よろしくおねがいします」とアピール。最後に姫野選手が小声で「せーの」とタイミングを合わせ、2人揃って「以上! お天気でした!!」と締めたところ、スタジオも笑いが起きて和やかな空気に包まれていた。

画像は『Going! Sports&News 2019年11月4日付Twitter「きょうは #ラグビー日本代表 #姫野和樹 選手が生出演!」』『山本紘之 / 日本テレビアナウンサー 2019年11月4日付Twitter「そして今日のGoing!は「ジャッカル姫野」!?こと姫野和樹選手がゲストに来てくださいました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元乃木坂46・斉藤優里のパンチラをカットせずに流したテレ東に拍手喝采
ローラ“他撮り写真”に衝撃!「全然顔が違う」「ガタイがおかしい」
エアコンプレッサーを「悪ふざけ」で体に当て複数人が死亡 非常識な行動に怒りの声【モンスター従業員事件簿】
武田玲奈、少年誌ラストグラビアで美バストあらわ
日本企業はバカか...! いまこそ「終身雇用」が大切である決定的理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加