「選手にも同じ質問をされた」ハリルが求める試合の流れを読む力

「選手にも同じ質問をされた」ハリルが求める試合の流れを読む力

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/14
No image

10日のブラジル戦(1-3)ではなかなかプレッシャーがハマらず、前から行くのか、引いてブロックを敷くのか、ハッキリしない時間帯もあった。ベルギーを想定した12日の紅白戦でも守備がハマらず、練習後にはDF吉田麻也も「ハメ方がハッキリしていなかった。明確になっていなくて、不透明な部分が多い。こういう強い相手に対して、うやむやな状態では勝てない」と危機感を強めていた。

14日の国際親善試合・ベルギー戦(ブルージュ)を翌日に控えた公式会見で「時間帯によって前からプレスに行くときと、引いてブロックをつくるときをどう使い分けるのか」と聞かれたバヒド・ハリルホジッチ監督は「選手たちにも同じような質問をされた」と苦笑いで明かし、「いつハイプレスをかけるのか、いつ下がってブロックをつくるのか。それはゲームの状況が決める」と指摘した。

「ハイプレスをかけるのか、ミドルブロックにするか、ローブロックにするか。それは私がこうしなさいと指示するものではなく、ゲームの状況がつくるものだ。自分たちが決めるものではなく、相手の状況を見て形成するもの。ゲームがブロックの位置を決める。私ではない」

ピッチ上の選手たちが試合の状況を見てラインの位置を決める。ゲームの流れを読む目も必要で、選手間の共通認識が重要になる。「いつどのようにプレスをかけるのか、選手にも聞かれたが、『開始8分でハイプレス』というような指示は出せない。これはゲームマネジメント、ゲームコントロールだ」と強調した。

(取材・文 西山紘平)

●2018W杯ロシア大会特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[MOM2328]高川学園FW土信田悠生(3年)_「自分がゴールを...」背番号10の責任、エースの矜持を示す延長V弾
相手は流経柏か、市船か...初出場の大分西は主将「うれしい」指揮官「最高!」と前向き
<野球>韓国、日本に惨敗も「得るものあった」と前向き=韓国ネット「日本がうまくやったのではなく...」
劇的な幕切れ...MF上野が後半AT弾!草津東が“師弟対決”を制して3年ぶり全国へ:滋賀
<サッカー>ロシアW杯予想「日本はGL突破、韓国は敗退」―中国コラム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加