長谷部2戦ぶりフル出場も敗戦「運が味方してない」

長谷部2戦ぶりフル出場も敗戦「運が味方してない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

前半、パスを出すフランクフルト長谷部(中央)(共同)

<ブンデスリーガ:フランクフルト1-2アウクスブルク>◇16日◇フランクフルト

MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するフランクフルトはホームでアウクスブルクに1-2で競り負けた。

前半20分にDFマックスに直接FKを決められ、後半31分にはMFカイユビに豪快なミドルシュートを突き刺されて2点のビハインド。同34分にCKからFWヨビッチが頭でたたき込んで1点を返したが、反撃もここまでだった。

長谷部は膝の故障から復帰し、2試合ぶりにフル出場を果たした。立ち上がりの前半6分には裏のスペースへパスを送るも、惜しくも味方とは合わず、同11分にも鋭い縦パスを入れて攻撃を構築するなど、序盤は良いプレーが目立った。しかし、少しずつズレだしたチームの歯車を立て直すことはできず、自身も両チームで3番目に多い9本のパスミスを記録した。鎌田はベンチ外だった。

長谷部は「セットプレーとスーパーゴールで…。ホントにこの(ホームでの)2試合は、運が味方してないかなっていうのはあります」と悔しがった。自身のプレーに関しては「しっかりとボールを散らして、ゲームを落ち着かせることを求められていたと思うが、組み立ての中で相手がかなり真ん中締めてしっかりとブロック作っていた。もう少し有効な組み立てができれば良かったかなと思います」と思い通りにいかなかったとしたが、膝の状態については「もう大丈夫です」と太鼓判を押した。

フランクフルトは1勝1分け2敗の勝ち点4で暫定12位。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「希望の星だ!」「恐れを知らない仕掛け」 強豪ポルト戦で輝いた中島翔哉を地元紙が賞賛
UEFA新大会「ネーションズリーグ」2018年秋開始。日本、欧州との対戦激減か
PKキッカー騒動はこれで手打ち? 謝罪したネイマールのリーグ戦欠場が決定
年俸50億円のテベスが中国サッカーを痛烈批判 「50年経っても同じレベルに達しない」
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加