税金、食費、交際費? カロリーが消費される仕組み

税金、食費、交際費? カロリーが消費される仕組み

  • JBpress
  • 更新日:2017/09/15
No image

家計の収支計算で「痩せる」「太る」を捉えてみると・・・。

「夜食べると太るよ~」

深夜の居酒屋だけでなく、一般家庭でも夜中に冷蔵庫の食材をあさる家族への「警句」として、これほど汎用されているものもないだろう。実際、恰幅(かっぷく)の良い男性が深夜の繁華街でラーメンをすする光景はよくみかける。しかし、逆に夜中にどれだけ食べても一向に太らない人がいるのも確かだ。いったいどちらが本当なのだろうか。

現在、「夜食の是非」については、遺伝子レベルでの研究もかなり進展し、一昔前とは比べ物にならない程に多様な知見が蓄積してきた。しかし、皮肉なことに、知見が蓄積したが故に、夜食と肥満の関係が一筋縄ではいかないことも分かってきた。どう一筋縄にはいかないのかを具体的に記す前に、肥満について改めておさらいしておこう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ATPは「現金」、脂肪は「資産」

肥満とは、体脂肪が標準よりも多く体内に蓄積している状態である。具体的には、脂肪細胞内の中性脂肪が過剰になっている状態だ。減量(ダイエット)とは、この脂肪細胞に存在する中性脂肪を減少させる試みである。そして、中性脂肪を減らす基本的な考え方は、「消費カロリーを増やす」及び「摂取カロリーを減らす」の2つしかない。

「消費カロリーを増やす」と聞いて、多くの人は中性脂肪がどんどん分解していく様をイメージしたかもしれない。では、なぜ中性脂肪は分解するのかと言えば、生命維持に必要なエネルギー源を獲得するためである。そのエネルギー源をATP(Adenosine Tri-Phosphate、アデノシン三リン酸)という。

このATP、しばしば現金に例えられる存在である。いくら高価な物品や貯金があっても、手持ちの現金を全く持ってなければ、実際の生活を送るには非常に不便である。生命活動で使うエネルギーもまた、ATPという形に「換金」しなければいけないのだ。中性脂肪の分解の過程で生じたATPは、さまざまな生命活動のために瞬時に消費され、その副産物として熱も発生する。

No image

中性脂肪とATPとエネルギーの関係。赤い矢印はエネルギーの移動を示す。

拡大画像表示

すなわち、「消費カロリー」とは「熱の発生を伴いつつ体内で合成され消費されたATPの量」と言える。家計簿で言えば「支出」の部分だ。そうした観点で見れば、中性脂肪はATPに換金できる「資産」であり、「消費カロリーを増やす」は「体内のATP合成の需要を高める」と言い換えることができる(ただし、中性脂肪の分解がATP合成ではなく熱の発生だけに使われる流れもごく一部ある)。

「支出<収入」なら中性脂肪はかならず増える

では「摂取カロリーを減らす」ほうはどうか。「摂取カロリー」とは、食事由来の中性脂肪、タンパク質、糖質が持つエネルギー量である。これらはすべてATP合成に使える物質だ。家計で言えば収入の部分である。

生きている限り、ATPは常に合成・消費が繰り返されており、体内の中性脂肪は、最終的にはATP合成のために消費される。そして、消費された分(あるいはそれ以上)の中性脂肪は、食事由来で外から入って来るか、糖質やタンパク質の一部から体内で合成される。すなわち、外部からの(または体内で合成される)中性脂肪が減少すれば、結果的に分解する中性脂肪のほうが多くなり、体内の中性脂肪が減少する(つまり、体重が減る)。いわば、貯蓄を切り崩してゆく状況だ。

減量にからめてその関係をまとめると、次のようになる。

No image

この関係は、ダイエット本などで既にさんざん目にしたことだろう。上記の不等号の向きが逆、すなわち「消費カロリー<摂取カロリー」な状態が継続すれば必ず中性脂肪は増加し、肥満に至る。状況によっては、一時的に上記の関係が成り立ってないように見える場合もあるが、決して恒常的なものではない。どのような金銭のやり取りがあろうとも、支出よりも収入が最終的に上回っていれば、貯蓄は増えこそすれ減ることはないのと同じである。

「駄菓子屋で1万円使う」のは難しい

それでは、「消費カロリーを増やす」に限定して、実際に消費されるカロリーの内訳について見ていこう。

肉体労働者でもない限り、消費カロリー全体の7割を占めるのが「基礎代謝」と「食事誘発性熱産生(DIT:Diet Induced Thermogenesis)」である。生きている限り無条件に消費され、そう簡単に変わることはないので、家計簿の中では「税金」や「保険料」にあたる。富裕層並みのかなり高めの税率である。

同じくほぼ確実に消費されるのが「非運動性活動熱産生(NEAT:Non-Exercise Activity Thermogenesis)」と呼ばれるもので、何気ない日常の作業(家事や買い物など)で使われる部分だ。非運動性とは言っているものの、筋肉を使っていることは変わらず、その運動強度が違うだけである。その消費カロリーは個人差が大きいが、家計簿で「食費」や「光熱費」がゼロにならないのと同じように、非運動性熱産生もゼロなることはまずない。

最後は「意識的な運動」である。これは、家計簿的には「交際費」といったものになるだろうか。ただ、消費エネルギー全体に対する割合を増やそうと思うと「短時間に駄菓子屋で1万円を使いきる」ような作業となる。意識している分「運動した割には体重が減らない」という結果になりがちだ。こうして見ると、消費カロリーを意図的に増やすのは意外と難しいことが分かる。

同じ食事と運動なのに肥満・痩身、カギは基礎代謝にあり

また、「食事や運動の量・内容などほぼ同じ生活をしているのに、太りやすい人とそうでない人がいる」という例も聞いたことがあるだろう。言ってみれば、収入・保険料・光熱費・食費・交際費などすべてがほぼ同じ2世帯のうち、片方の世帯だけ貯金がどんどん増えていくような状況である。いったい何が違うのか。

消去法で考えると、残る要因は基礎代謝である。基礎代謝は、自分の意思で変化させることができず、生きている限りずっと維持され、人によってその特性がわずかに異なる。基礎代謝を維持する上での中性脂肪の合成・取り込み・分解は、さまざまなホルモンや自律神経のバランス、遺伝的要因などによって決められている。

例えば、中性脂肪の分解を促進する働きがあるアディポネクチンというホルモンは、遺伝的にさまざまな型があり、それぞれの遺伝子型でその作用の強さが違う可能性が示唆されている。すなわち、家計簿的には税金の控除額が微妙に違うような状況だ。

そして、基礎代謝は1日の時間帯によっても変化するのである。いよいよ「夜食は太るのか」の核心へ迫る話となる。

(後篇へ続く)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エッチなしでも幸せ♡ラブラブカップルがベッドでしているコト
名医たちが実名で明かす「私が患者なら受けたくない手術」
共働きの妻に「残業」と嘘をつき... 「フラリーマン」の実態に主婦激怒
パソコンが重たくなる3大要因とその対処法
怖すぎる!16キロ走行した車の下から「体毛の焦げた臭い」恐る恐る見てみると・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加