芦田愛菜、明智光秀の娘役に 『麒麟がくる』追加キャスト発表

芦田愛菜、明智光秀の娘役に 『麒麟がくる』追加キャスト発表

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/10/16
No image

大河ドラマ『麒麟がくる』たま役の芦田愛菜<画像をもっとみる>

俳優の長谷川博己が主演を務める大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の追加キャストとして、女優の芦田愛菜らの出演が発表された。芦田は主人公・明智光秀(長谷川)の娘役を演じる。

【写真】石橋蓮司、石橋凌ら『麒麟がくる』追加キャスト陣

応仁の乱の後、乱世を治めようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭した明智光秀の半生を描く本作。10月18日放送の第28回からは「京~伏魔殿編」がスタートする。光秀と信長は義昭を伴い、ついに上洛。「大きな国」を目指して幕府と二人三脚の新たな国づくりに取りかかる。しかし京に待っていたのは、さまざまな保守勢力と宗教勢力。彼らは信長を取り囲む全国の有力大名と連携して光秀たちを追い詰めていく。伏魔殿と化す京の政界を舞台に、光秀の新たな戦いが始まる。

芦田が演じる光秀の次女で岸の妹・たまは、天真らんまんな性格で、光秀の心の支えとなる美しい少女だ。芦田は「今回演じさせていただくたまは、戦国時代の女性の中で、私の憧れでした。初めて彼女のことを知った時、自らの散り際をわきまえた、とても潔い最期に意思の強さを感じ、心惹かれたことを覚えています。そんなたまを演じられると聞いた時は、心から嬉しく思いました。芯を強く持ち、そしてどんなことがあっても、大好きな父・光秀を慕い、優しく、温かく支える存在として、精一杯演じることができれば、と思っております」とコメントしている。

また、学問好きで変わり者の老公卿・三条西実澄役を石橋蓮司が演じる。実澄は伊呂波太夫を通じて、光秀と正親町帝の間を取り持つ。石橋蓮司は「またまた! 自分の不勉強で知らなかった、歴史上の実在の人物を演じることになった。ご子孫の方々が今もいらして、実澄はこんな人物ではなかったと言われないよう頑張りたいと思います」としている。

石橋凌が演じるのは、甲斐の戦国大名・武田信玄。その軍事力は戦国最強とも言われ、覚恕法親王、足利義昭と通じ、光秀と信長を追いつめる。3回目の大河ドラマ出演となる石橋凌は「『武田信玄』では織田信長をやらせて頂きましたが、今回はなんと、敵対する武田信玄役です。な、な、なんの因果でしょうか!? ま、それはさておき今回、最高、完璧の衣装、メイクアップを準備して頂き、短い参加日数でしたが、おかげさまで目指すパフォーマンスに集中することが出来ました」と語っている。

このほか、羽柴秀吉の母・なか役を銀粉蝶、光秀の家臣に加わる美濃の武士・斎藤利三役を須賀貴匡、信長が接近する皇太子・誠仁親王役を加藤清史郎、信長の長男・信忠役をHiHi Jets井上瑞稀(大河ドラマ初出演)、細川藤孝の嫡男でたまをめとる細川忠興役を望月歩がそれぞれ演じる。

大河ドラマ『麒麟がくる』は、NHK総合にて毎週日曜20時ほか放送。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加