独3党連立、コロナ関連債務の返済期間延長で合意

独3党連立、コロナ関連債務の返済期間延長で合意

  • ロイター
  • 更新日:2021/11/25

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツの新たな連立政権樹立で合意した3政党は、新型コロナウイルス対策に伴う債務の返済計画を見直し、欧州連合(EU)の復興基金に合わせて期限を緩めることで合意した。選挙公約を果たすために財政的な余力を確保する狙いがある。

No image

11月24日、ドイツの新たな連立政権樹立で合意した3政党は、新型コロナウイルス対策に伴う債務の返済計画を見直し、欧州連合(EU)の復興基金に合わせて期限を緩めることで合意した。写真は首相候補のオラフ・ショルツ氏(社会民主党)。ハノーバーで10月撮影(2021年 ロイター/Fabian Bimmer)

ドイツ社会民主党(SPD)の首相候補、オラフ・ショルツ氏は24日、自由民主党(FDP)および緑の党と新たな連立政権を樹立することで合意したと発表した。3党は同日、予算に関する合意内容を公表した。

3党は、2023年から厳格な債務上限を復活させるほか、増税を回避することで合意。増大する政府支出への対応が課題となる。

22年は憲法に定められた債務上限規定を3年連続で停止する見通しで、新規の純借り入れ額を従来計画の1000億ユーロより増やす可能性もある。

コロナ対策に伴う債務は、最初の返済期限を2023年から28年に5年延期し、全体の返済期間を従来の20年から、58年までの30年間に延長する。

関係筋によると、結果として2023年以降に毎年20億ユーロの財政余力が生まれ、26年以降は100億ユーロ近くに広がる見通し。

3党はまた、環境保護や経済の構造転換に向けた追加措置を講じるため、政府の「エネルギー・気候基金(EKF)」に今年の補正予算の未使用資金を一括拠出することでも合意した。

「コロナのパンデミック(世界的大流行)の影響や、世界的な気候危機が景気回復と公的財政に同時にもたらすリスクに対処する狙いがある」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加