弟から届いたLINE誤爆!彼女への赤裸々な内容...あなたならどうする!?

弟から届いたLINE誤爆!彼女への赤裸々な内容...あなたならどうする!?

  • CHANTO
  • 更新日:2020/09/15
No image

メッセージをやり取りするだけでなく、テレビ通話など多くのコミュニケーション機能を備えた「LINE」。今や日常生活に欠かせないほど浸透しましたが、時には送り先が間違っているメッセージを受け取るパターンもあるようで…。

恋人へのメッセージを姉に送信!?

送り先が間違っているメッセージを受け取った人は少なくありません。例えばネット上には、「弟が恋人に向けて書いたであろうメッセージ」が送られてきたというエピソードが。文面にはハートマークがたくさん使われており、受け取った女性は「普段はおとなしい弟がこんなに変貌するなんて…」と驚いていました。

しかし、問題なのはその後の対応です。「送り先が間違ってることを知らせるべきかな?」と悩む女性に対し、「私なら絶対言わないな」「わざわざ指摘しなくても後から気づくと思う。そっとしてあげて」といった返答が。

とはいえ、“きょうだい”という間柄なので、「恋人とのラブラブLINEがバレたくらいで傷つくことはないんじゃない? 送り直した方がいいだろうし、知らせてあげたらいいのでは」と指摘する声もありました。

>>NEXT 仕事仲間から届いた誤送信メッセージはどうする?

「私から伝えておきます」と返すのもアリ?

親しい間柄ならともかく、職場の先輩や後輩から送られてきた“誤送信メッセージ”への対処方法も悩みどころです。

ネット上でも「上司から『明日の件で確認したい』と、私の管轄じゃない仕事内容が送られてきて青ざめた…」「後輩が私との接し方についてのお悩みを、私に送ってきたことがある。その流れで腹を割って話せたけど、もともと誰に送るつもりだったんだろう」などのエピソードが続出しています。

「誤送信メッセージだと指摘するか否か」については、「内容や相手によって決める」という対処方法が一般的なよう。ほかには、「誰に送る予定だったかがわかれば、『私から伝えておきますね』と返信してあげる」という人もいました。

>>NEXT 誤送信を防ぐための対策は?

送信を取り消すことも可能!

受信した人を混乱に陥れる誤送信メッセージ。自分も送信先を間違えないよう気をつけたいものですが、どうしたら誤送信を避けられるのでしょうか?

ネット上では「よく使う送信先のショートカットアイコンをホーム画面に作る」「トークルームの背景画像を、その人の写真にすれば間違えないよ」といった方法があげられていました。

ちなみにLINEは、送り先を間違ってしまった際などに使える「送信取消」という機能も搭載。使い方はトークルームで取り消したいメッセージを長押しして、表示されたメニューから「送信取消」をタップします。「送信を取り消しますか?」という確認画面が出てくるので、あとは確認画面内の「送信取消」をタップするだけ。ただ、メッセージの送信を取り消したことは相手にも伝わってしまうので、「間違えて送ったので削除しました」などのフォローは必要かもしれません。

時には大切な仕事内容や、悪口が間違って自分に届くこともあるよう。間違いを知らせるか知らせないかは、内容を見て適切な判断をしたいところです。

関連記事:友人とのLINEを他人に晒されました…「やましいことはないけれど」

文/古山翔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加