これで見納め!40年以上愛され続けてきたヤマハ「SR400」のラストモデルが登場

これで見納め!40年以上愛され続けてきたヤマハ「SR400」のラストモデルが登場

  • @DIME
  • 更新日:2021/02/21

ヤマハ発動機は、空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ・単気筒エンジンを搭載した「SR400 Final Edition」と、カラーリングやエンブレムなどに特別仕様を施した限定1,000台の「SR400 Final Edition Limited」を、3月15日に同時発売する。価格は、「SR400 Final Edition」が605,000円(税込)、「SR400 Final Edition Limited」が748,000円(税込)。

1978年の初代発売以後、熟成と進化を重ねてきた「SR400」は、ビッグシングルの心地よい鼓動感、シンプルなスタイル、キックスターター方式など不変の“SRらしい”個性により、エントリーライダーからベテランライダーまで、年齢を問わず幅広いユーザーから支持されている。

「SR400 Final Edition Limited」は、多くの歴代SRファンに愛されてきた“ブラック”を採用。職人の手作業によるサンバースト塗装を施したフューエルタンク、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、“Final Edition”を記した黒い文字盤のメーターなどを装備し、“SR400”の有終の美を飾る、ヤマハのモノ創りを集結させたモデルだ。

一方の「SR400 Final Edition」は、歴代モデルを彷彿させるグラフィックパターンを採用したシンプルな “ダークグレー”と親しみやすく温もりを感じさせる“ブルー”の2色を設定した。

国内向けの「SR400」は、当モデルをもって生産を終了する。

No image

「SR400 Final Edition Limited」(ブラック)

No image

「SR400 Final Edition」(ダークグレー)

No image

「SR400 Final Edition」(ブルー)

関連情報
https://global.yamaha-motor.com/jp/

構成/こじへい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加