トンガ諸島の海底噴火、首都に1.2メートルの津波 周辺国も警戒

トンガ諸島の海底噴火、首都に1.2メートルの津波 周辺国も警戒

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/15
No image

"太平洋のトンガで海底火山(画面右)が噴火している様子を捉えた衛星画像。15日、日本の気象衛星「ひまわり8号」が撮影した=AP"

南太平洋のトンガ諸島で15日午後1時10分ごろ(日本時間)、大規模な火山噴火が起きた。トンガ気象庁によると、噴火したのは首都ヌクアロファから北に60キロ余り離れた海底火山。同庁は噴火直後に、約170の島からなるトンガ全域に津波警報を発令した。

海底火山の島、消えちゃいそう 福徳岡ノ場、火砕流の痕を空撮で確認

オーストラリア気象局によると、ヌクアロファでは日本時間の15日午後1時半ごろ、約1・2メートルの津波を観測した。現地からの映像によると、市内に水が流れ込み、銀行などの建物の1階が水につかった。だが、現地は大規模に停電しているとの情報もあり、15日夜の時点では詳しい被害などは分かっていない。

噴火を受け、ニュージーランドやフィジーなどの周辺国も津波警報を出した。(西村宏治)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加