ドイツ戦で左足負傷のDF酒井宏樹 コスタリカ戦の欠場を示唆「痛みはあります」

ドイツ戦で左足負傷のDF酒井宏樹 コスタリカ戦の欠場を示唆「痛みはあります」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25
No image

【ドーハ25日=スポーツ報知W杯取材班】ドイツ戦で左太もも裏を痛めて途中交代したDF酒井宏樹は、27日・コスタリカ戦の欠場が決定的となった。25日、チームとは別メニューで調整した練習後取材に応じ「自分としては、大会期間中にしっかり戻ってくるつもり。痛みはあります。違和感だけで試合中に退くことはない」と話した。またコスタリカ戦について、別の選手に託すことになるか、と問われると「現実的にはそうだと思います」と欠場を示唆。一方で「もちろん行けと言われれば行きます」とも語ったが、コスタリカ戦までに負傷が完治する可能性は、極めて低いとみられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加