あの難しいボールをボレー!?ゴール前での嗅覚は抜群!橋本拳人の今季6ゴール目とは?

あの難しいボールをボレー!?ゴール前での嗅覚は抜群!橋本拳人の今季6ゴール目とは?

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/05/03
No image

【写真:Getty Images】

【ロストフ 2-0 タンボフ ロシア・プレミアリーグ第28節】

ロストフに所属する日本代表MF橋本拳人が抜群の嗅覚で約7ヶ月ぶりのゴールを記録。ロシアで攻撃力が増した橋本は今季6ゴール目を奪った。

ロシア・プレミアリーグ第28節、ロストフ対タンボフが現地時間2日に行われた。ホームのロストフが2-0の勝利を収めた。ロストフに所属する橋本はセントラルハーフで先発。チームの2点目を記録し、勝利に貢献した。

均衡が破れたのは70分、右サイドを抜け出したダニル・グレボフが中央にグラウンダーのパス。ボールを受けたドミトリ・ポロズが右足でゴールを決めた。1点をリードしたロストフは橋本のゴールでリードを2点に広げる。

78分、華麗なパスワークでペナルティエリア内左に抜け出したキリル・フォルマーが左足で強烈なシュート。相手GKがボールを弾くと、ゴール前にいた橋本がボールに反応。こぼれ球に対して体勢を崩しながら、左足ダイレクトボレーでゴールに突き刺した。

橋本は抜群の嗅覚でゴールを奪ってみせた。味方がパスワークでゴール前に迫ろうとする中、橋本は最前線まで上がる。シュートを放ったフォルマーにDF2人が惹きつけられ、橋本が完全にフリーに。GKが弾くと、橋本はいち早くボールに反応し、利き足とは逆の左足で強烈なボレーシュートを突き刺した。難しいボールだったが、体勢を崩しながらもシュート。FW並みの嗅覚、反応、シュートを見せ見事ゴールを奪った。

橋本は昨年7月にFC東京からロストフへ完全移籍。今季からロシアリーグでプレー。膝の怪我で昨年11月~今年3月までの8試合を欠場していた同選手だったが、今季はここまでリーグ戦17試合に出場6ゴール。ロシアでその攻撃力が増していた。

初めてのロシアでその実力を発揮している橋本。今後の飛躍にも期待したい。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加