西武増田がセーブ機会失敗でサヨナラ負け「どうしたんかなあ」辻監督

西武増田がセーブ機会失敗でサヨナラ負け「どうしたんかなあ」辻監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

日本ハム対西武 9回裏日本ハム1死一塁、大田(左奥)に同点となる適時二塁打を打たれる西武増田(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム5-4西武>◇1日◇札幌ドーム

抑えの西武増田達至投手が今季3度目のセーブ機会に失敗し、劇的サヨナラ負けを喫した。

3点リードの9回に2ランと同点適時打。最後は代わった宮川が押し出し四球で敗れた。ケガ人続出で、開幕スタメンが源田と栗山の2人のみという苦境も、スクイズなどで加点。勝利を手中に収めかけていただけに、辻監督は「ああ、言葉出ないね。4-1で今日はこれで(勝った)と思ったけどね。どうしたんかなあ。分かんないなあ」と落胆は大きかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加