PDFの注釈やテキストのハイライト、描画ツールが無料 ~Google Chrome向け「Adobe Acrobat」拡張機能/「Adobe Acrobat Pro DC」サブスクリプションには上位機能も。7日間試用可能

PDFの注釈やテキストのハイライト、描画ツールが無料 ~Google Chrome向け「Adobe Acrobat」拡張機能/「Adobe Acrobat Pro DC」サブスクリプションには上位機能も。7日間試用可能

  • 窓の杜
  • 更新日:2021/10/14
No image

「Google Chrome」向け「Adobe Acrobat」拡張機能

最近のWebブラウザーにはPDFビューワー機能がビルトインされており、以前よりも気軽にPDFドキュメントを閲覧できるようになった。しかし、これらのビルトインPDFビューワーが対応するのは基本的に閲覧のみで、コメントやマークアップ、注釈、署名といった機能までをサポートするものは少ない。米Adobeは10月12日(現地時間)、それに代わるソリューションとして「Google Chrome」向け「Adobe Acrobat」拡張機能を案内している。

「Adobe Acrobat」拡張機能は現在、「Chrome ウェブストア」から無償でダウンロード可能。インストールすると、ヘルプページ(英文)とともに「Adobe Acrobat」拡張機能をWebブラウザー既定のPDFビューワーにするかどうかを問うポップアップが現れる。

No image

「Adobe Acrobat」拡張機能をWebブラウザー既定のPDFビューワーにするかどうかを問うポップアップ

このポップアップで[既定に設定]ボタンを押すと、PDFドキュメントを開いた際にビルトインPDFビューワーの代わりに「Adobe Acrobat」拡張機能が用いられるようになる。同社は今年2月よりWebブラウザー上でPDFを操作できるツール「Acrobat web」を提供しているが、そのヘルパー拡張機能と考えればよいだろう。

No image

「Google Chrome」のビルトインPDFビューワー

No image

「Adobe Acrobat」拡張機能でPDFドキュメントを開いた様子

本拡張機能では、以下の機能が無償で利用可能。注釈やテキストのハイライト、描画ツールは画面ヘッダーに用意されている。

注釈やテキストのハイライト、描画ツール

フォームフィールドへの入力と電子署名の追加

No image

注釈やテキストのハイライト、描画ツールが無料で利用できる

さらに、「Adobe Acrobat Pro DC」のサブスクリプションを購入すれば、以下の機能が追加で利用できるようになる。実際に体験したい場合は、7日間試用できる無償の体験版を利用してもよいだろう。

PDFドキュメントを「Microsoft Word」文書に変換

WebページをPDFドキュメントに変換する

PDFページの回転、削除、並べ替え

ソフトウェア情報

「Adobe Acrobat」

【著作権者】

Adobe Inc.

【対応OS】

(編集部にてWindows 11で動作確認)

【ソフト種別】

フリーソフト

【バージョン】

15.1.3.3(21/10/12)

樽井 秀人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加