広島・呉市発祥のキャベツ 「広甘藍」出荷 始まる

広島・呉市発祥のキャベツ 「広甘藍」出荷 始まる

  • RCC NEWS
  • 更新日:2022/11/25

広島・呉市が発祥といわれる、甘みが強いキャベツ「広甘藍」の出荷が始まっています。

【写真を見る】広島・呉市発祥のキャベツ 「広甘藍」出荷 始まる

呉市 郷原町の畑で収穫されているのは、キャベツの一種「広甘藍」です。

広甘藍は、呉市の広で明治末期から盛んに生産されていましたが、栽培が難しく、大きさが不ぞろいのため一時、市場から姿を消していました。

しかし、通常のキャベツに比べ糖度が高いことから12年前から生産組合を作り、ブランド化して出荷を再開しました。

少し小ぶりですが、水分を多く含むため、葉はもちろんのこと、芯まで柔らかいのが特徴です。

ことしは秋口に雨量が少なかったため、生育が心配されたということですが、玉のしまりも良く、甘みも十分だということです。

生産者 原田盛久さん
「ふつうのキャベツより少し甘い。特に炒めて、鍋とかにした時に甘みがグッと増すという感じがしますよね」

広甘藍の収穫は、来年1月中旬ごろまで続き、およそ6トンの出荷を見込んでいるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加