大分MF町田が先制ゴール「長い90分」虎の子1点守り勝ち点3ゲット

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02

<明治安田生命J1:大分1-0清水>◇第12節◇2日◇昭和電ド

大分トリニータが清水エスパルスを破り、今季ホーム初勝利を飾った。前半38分、MF下田北斗(29)のCKから、MF町田也真人(31)が押し込み先制点を獲得した。後半は清水のペースで試合が進んだが、集中力を切らすことなく連係をとり、ほしかった勝ち点3をつかみ取った。

町田は試合後「長い90分だった。ゴールに関してはマークがなかったので、こぼれ球を狙っていた。ホームで勝てたことは自信になる」。一方では「後半、自分たちがボールを持つ時間が少なかった。ここから連勝していくには修正をしていきたい」と悔しさものぞかせた。

連敗は7でストップ。勝利に貢献した町田は「ポジショニングを常に意識した。どの位置にいたら相手が嫌がるか徹底した。監督と選手がコミュニケーションをとってつながった勝利」と言い、チームの結束力だと強調した。

片野坂知宏監督(50)も「試合に勝てず、チーム関係者に悔しさがあった。厳しい予想がされる中で、よく先制点をとり勝ちきってくれた」と選手をたたえた。【三宅ひとみ】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加