藤木直人、『夏への扉』で初のロボット役 清原果耶は運命にほんろうされる女子高生に

藤木直人、『夏への扉』で初のロボット役 清原果耶は運命にほんろうされる女子高生に

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/09/17
No image

映画『夏への扉』に出演する藤木直人<画像をもっとみる>

女優の清原果耶と俳優の藤木直人が、山崎賢人主演の映画『夏への扉』に出演することが発表された。清原は運命にほんろうされる女子高生、藤木はロボット役を務める。

【写真】『夏への扉』で運命にほんろうされる女子高生役の清原果耶

1956年に米国で発表され、ハリウッドSF映画にも多大な影響を与えたロバート・A・ハインラインの同名タイムトラベル小説を実写化する本作は、舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語を描く。主演の山崎が演じるのは、孤独な科学者・高倉宗一郎。だまされ奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しに行く。メガホンをとるのは、『フォルトゥナの瞳』などの三木孝浩。

1995年、東京。科学者の高倉宗一郎(山崎)は、尊敬する偉大な科学者であった亡き父の親友・松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池や実用化ロボットの完成を目前に控えていた。愛猫のピートと、松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、わなにはめられ、研究を奪われ会社も追われてしまう。さらに宗一郎は冷凍睡眠させられ、目が覚めた時、そこは2025年の東京だった。ピートや璃子の死を知り、すべてを失ったと知る宗一郎だが、ヒューマノイドロボットのPETE(ピート)の力を借り、30年の時を超えて璃子を救おうと決意する。

清原が演じるのは、宗一郎の恩人であり養父でもある松下の娘で、孤独に生きてきた宗一郎が家族のように大切に思う松下璃子。数奇な運命にほんろうされながらも、宗一郎を慕う、意志の強い女子高生を熱演する。清原は、自身の最初の映画が本作と同じ三木監督作品だったこともあり、「また監督とご一緒させて頂ける事がとても嬉しかったです」と語る。また役どころについて、「健気でしっかりしていて、所々にあどけなさが残る璃子ちゃんは演じていて微笑ましく思えるような女の子でした」としている。

藤木が演じるのは、2025年のヒューマノイドロボット・PETE(ピート)。PETEは装置の異常で好奇心を持ってしまったヒューマノイドロボットで、未来を変えようとする宗一郎を支える。藤木は初めて挑んだロボット役について、「2度とないであろうロボット役、楽しめれば良かったんですがそんな余裕もなく(笑)、現場で試行錯誤しながら演じていました」と話す。

藤木とPETEを作り上げた三木監督は「未知なるキャラクターを現場で藤木さんと一緒に試行錯誤しながら創り上げていく作業は困難さよりも楽しさが上回った」と語っている。

映画『夏への扉』は2021年全国公開。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加