「ベイルのためにヘリコプターを用意していた」。元マンU指揮官が2013年のエピソードを明かす

「ベイルのためにヘリコプターを用意していた」。元マンU指揮官が2013年のエピソードを明かす

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/17
No image

【写真:Getty Images】

ウェスト・ハムを率いるデイビッド・モイーズ監督が、マンチェスター・ユナイテッド指揮官時代にFWガレス・ベイルの獲得に近づいていたことを明かした。英『デイリー・メール』などが伝えている。

2013年にトッテナムからレアル・マドリードへ移籍したベイルは、今夏の移籍市場でトッテナムに戻ってきた。移籍決定時は負傷を抱えていたが、18日のウェスト・ハム戦がトッテナムデビューとなるかもしれない。

その一戦を前に、敵将であるモイーズ監督が過去のエピソードを明かしている。

「私はマンチェスター・ユナイテッドでの最初の補強をガレス・ベイルにしたいと思っていた。ただ、すでにレアル・マドリードが先を行っていて、私はなんとかしたいと考えたんだ」

「マンチェスター・ユナイテッドはレアル・マドリードよりも大金を用意した。彼を獲得するためにできる限りのことをし、彼を連れてくるためのヘリコプターも準備していたんだ」

「ただ、彼はレアル・マドリードを選んだ。4回のチャンピオンズリーグ優勝もあったし、素晴らしい決断をしたと言わざるを得ない。素晴らしいキャリアを過ごしているね」

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加