脚を失ったヒゲハゲタカが鳥類で初めて特殊な骨インプラントを直接埋め込む義肢を得た「バイオニックハゲタカ」に

脚を失ったヒゲハゲタカが鳥類で初めて特殊な骨インプラントを直接埋め込む義肢を得た「バイオニックハゲタカ」に

  • TechCrunch
  • 更新日:2021/06/15

Scientific Reports
大型の猛禽類、たとえばハゲタカなどは、怪我などで脚を使えなくなってしまうと、歩行だけでなく獲物の捕獲なども困難になってしまい、生きていくための栄養を摂取できず弱ってしまいます。これまでにも鳥類の脚を義肢で補った例はたくさんありますが、ソケット式の義肢は羽毛のある脚には装着が困難でした。
オーストリアのハリングゼーにあるフクロウと猛禽類の保護施設に保護された、”

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加