【J1採点&寸評】C大阪1-1G大阪|チアゴ&ダンクレーは抜群の安定感。両チームの守護神も好守披露

【J1採点&寸評】C大阪1-1G大阪|チアゴ&ダンクレーは抜群の安定感。両チームの守護神も好守披露

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/03
No image

5試合ぶりのベンチスタートとなったパトリック。PKでの今季初得点が貴重な同点弾に。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】C大阪=なし G大阪=T・アウベス(62分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】チアゴ(C大阪)

No image

負傷も癒え、満を持してC大阪デビューを飾ったダンクレー。チアゴとのコンビは安定感があった。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】C大阪=なし G大阪=T・アウベス(62分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】チアゴ(C大阪)

[J1第12節]C大阪1-1G大阪/5月2日/ヤンマースタジアム長居

【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
序盤から主導権を握り、チャンスの数でもG大阪を大きく上回っていただけに、今回のダービーは悔しすぎるドローとなった。坂元の復帰、チアゴとダンクレーの好パフォーマンスは好材料だが、負傷交代した大久保の状態は気がかりだ。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6.5
25分に矢島のシュートを左足でビッグセーブ。PKによる失点は責められない。

DF
2 松田 陸 6
58分には相手のカウンターをギリギリでカバー。終了間際には藤田への右クロスで好機を演出。

DF
43 ダンクレー 6.5
2月に来日してから右内転筋の怪我などもあったが、ようやくC大阪デビュー。チアゴとのコンビは安定感があった。
MAN OF THE MATCH
DF
6 チアゴ 6.5
隔離期間を経てデビュー。高さと強さを発揮し、両チームを通じて最も存在感を示した。フィードの意識も高く、MOMに選出。

DF
14 丸橋祐介 5.5
無難に攻守をこなしていた印象だが、持ち上がった場面で簡単にボールを失うことも。

MF
25 奥埜博亮 6.5
両チーム通じて最長の総走行距離は、いつものこと。運動量を生かして攻撃にも絡むなど、欠かせない存在。

MF
5 藤田直之 6
不用意なボールの失い方もあったが、中盤で主導権を握る。35分には惜しい左足ミドル。
MF
17 坂元達裕 6(63分OUT)
6試合ぶりとなる復帰を果たし、右サイドを活性化。怪我明けでプレー時間は限られていたかもしれないが、もう少し見たかった。

MF
10 清武弘嗣 5.5
幅広い動きで積極的にボールを引き出しチャンスに絡んだ一方、らしくないボールロストもあった。

FW
32 豊川雄太 5(79分OUT)
自ら奪ったPKを外し、試合を難しくしてしまった。8試合連続無得点はFWとして悔しい結果。

FW
20 大久保嘉人 6(23分OUT)
5分、9分と立て続けにチャンスに絡んでいたが、左太腿裏を痛めて負傷交代。離脱となればチームにとっても痛い。
途中出場
FW
9 アダム・タガート 5.5(23分IN、63分OUT)
大久保の負傷により緊急出場。隔離期間を経てのデビューでチャンスにも絡んだが、まだ身体が重い印象。

FW
28 中島元彦 6.5(63分IN)
ゴールが求められる状況で投入され、その期待に応える今季2得点目。ドローとなりヒーローにはなれなかったが、大きなインパクトを残した。

FW
29 加藤陸次樹 5.5(63分IN)
10試合連続途中出場も、ペナルティエリア内で痛恨のハンドを犯しPK献上。

DF
16 新井直人 -(79分IN)
1点リードの状況で左MFとして投入され、その直後に追いつかれた。本職ではないポジションで攻撃に厚みを加えられなかった。

監督
レヴィー・クルピ 6
チアゴとダンクレーの先発、中島の途中起用は当たったが、新井の投入はやや早かったか。

【J1第12節PHOTO】C大阪1-1G大阪|“大阪ダービー”はドロー決着!中島の得点でC大阪が先制するも、パトリックのPKでG大阪が追いつく!
[J1第12節]C大阪1-1G大阪/5月2日/ヤンマースタジアム長居

【チーム採点・寸評】
G大阪 5.5
PKによる同点弾で、何とか勝点1を拾った。システムを4-3-3に戻したが、サイドからのクロスは跳ね返され続け、課題としてきた攻撃はまたも機能せず。決定機の数は限られていた。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6.5
大久保の右足ボレー、藤田のミドルをスーパーセーブ。最少失点で勝点1に貢献した。

DF
14 福田湧矢 5.5
PKを与えたハンドは不用意だった。後半は積極的なオーバーラップを見せるなど走力が光った。

DF
5 三浦弦太 6
背後を狙ってくる大久保や豊川に対して粘り強く対応。クロスに対してゴール前では強さを発揮。
DF
3 昌子 源 6.5
70分に中島のシュートをブロックするなど身体を張った守備を披露。80分に放ったシュートがPKに繋がった。

DF
24 黒川圭介 6
2試合ぶりに先発起用され、両チーム最多のスプリントで左サイドをアップダウン。良いクロスもあったがゴールには繋がらず。

MF
29 山本悠樹 5.5(82分OUT)
ボールを奪われない安心感があった一方、アンカーの位置で攻撃のスイッチを入れることはあまりできなかった。
MF
8 小野瀬康介 5.5(34分OUT)
3分のクロスなど右ウイングで積極性を見せていただけに、右足首を痛めての負傷交代は本人も悔しいはず。

MF
15 井手口陽介 6
チーム最長の総走行距離で中盤を動き回り、個で奪い切ったところからのショートカウンターもあった。

MF
21 矢島慎也 5.5(75分OUT)
25分の決定機は決めたかった。7試合ぶりの先発出場で序盤は積極的な飛び出しもあったが、徐々に存在感は希薄に。

FW
9 レアンドロ・ペレイラ 5.5(75分OUT)
3トップの中央に入るも、チアゴとダンクレーの激しい寄せに屈した。制空権も握れなかった。

FW
39 宇佐美貴史 5.5(75分OUT)
25分には矢島へのクロスで決定機を演出。56分のシュートを外し、3試合ぶりの途中交代。
途中出場
FW
32 チアゴ・アウベス 5.5(34分IN)
小野瀬の負傷交代により緊急出場。右サイドからドリブルで仕掛けるも、決定機は生み出せなかった。

MF
10 倉田 秋 5.5(75分IN)
インサイドハーフとして起用され、途中から右MFに。チャンスに絡む場面はあまりなかった。

MF
34 川﨑修平 6(75分IN)
左ウイング、左MFとして仕掛けようという姿勢は見せた。自身がファウルを受けて得たFKから、PK獲得に至った。

FW
18 パトリック 6.5(75分IN)
5試合ぶりのベンチスタートとなったが、豪快にPKを蹴り込んで同点弾となる今季初ゴール。高さと強さがあり、最前線にいて怖さがあった。

MF
6 チュ・セジョン -(82分IN)
投入後に4-4-2へと布陣が変わり、ダブルボランチの一角へ。思うように見せ場を作れなかった。

監督
宮本恒靖 5.5
ダービーでシステム変更に打って出るも、内容に乏しく得点力不足は解消できず。悩みは深い。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】パナスタに華を添える『ガンバ大阪チアダンスチーム』を一挙紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加