コロナ禍でさらに人気 タイムズのカーシェア、「新サービス」を導入していた

コロナ禍でさらに人気 タイムズのカーシェア、「新サービス」を導入していた

  • Sirabee
  • 更新日:2022/09/23
No image

会員間で車を共同使用するカーシェアリング。タイムズモビリティが提供するカーシェアリングサービス「タイムズカー」は、コロナ禍でも会員数が増えている。

そんな人気ぶりを受けて、新たな運用が始まっていて…。

画像をもっと見る

■「コロナ禍で利用するように」

No image

タイムズカーは、事前に予約した時間に会員カードを車にかざすとドアロックが解除され、利用できる無人サービスだ。車両の予約が空いていれば、全国にある車を24時間いつでも利用できる。

レンタカーと異なり、受付や乗車前の細かい手続きがなく利用できる手軽さや、マイカー保有に比べ維持費がかからずに車を利用できる経済合理性の高さなどから人気を博している。都内在住の30代男性は、コロナ禍で利用する機会が増えたと話す。

「帰省や旅行に行く際によく使っています。公共交通機関は人が多いので、安心して利用できますよ。コロナ前はレンタカー会社で借りることが多かったのですが、人と接触しない点もあってカーシェアに切り替えました」(30代男性)。

関連記事:男性向け会員制サウナに伝わる「伝説のからあげ」が激ウマ 50年間伝わる味とは

■変わった使い道も…

ネット上でも、「初めてタイムズのカーシェア利用したけど、登録から利用までめっちゃ便利」「カーシェアは直前キャンセルも無料で本当上手くできている」「最近タイムズのカーシェア車両をよく見かけて使う人増えたイメージ」「こんな便利ならもっと早く登録しとけばよかった」など、改めてカーシェアの利便性を実感した人の声が多数あがっている。

前出の30代男性は、変わった利用法もあると話す。「私の知り合いの中には、テレワークで使う人もいますよ。リモート会議をタイムズの駐車場内でやるみたいです」(前出・30代男性)。

コロナ禍においても人気を落とすことのないカーシェア。タイムズカー広報担当者に尋ねると、より多くの需要に応えるための運用方法を取り入れていることが明らかになった。

■「会員数は年々増加」

No image

タイムズカーの会員数推移について尋ねると、「会員数はサービス開始以来増加し続けています。コロナ禍では、密を避けるための移動手段としても使われていることが考えられます」とのこと。

以前から人気だったが、やはり「非接触」というメリットが注目されたのかもしれない。

■新たな運用方法も…

前出のタイムズカー広報担当者によると、会員数の増加に伴い、特に利用が多いエリアでは予約が取りづらいという問題が生じたという。その問題を解消するために導入した運用方法もあるようで…。

「従来の1つの車室に対して車1台という運用から、営業所にプールしている複数台の車両を複数拠点で融通し、予約に合わせて配備する運用を進めることで、車室数以上の車両を貸出すことを可能にしました。これにより、借りたいのに借りられないという問題を解消できると考えております」(前出・タイムズカー 広報担当者)。

利用が多いエリアでは、このような運用方法を導入することで、より多くの会員が使えるようにしているようだ。記者も、都内で急ぎで使う予定があって予約しようとしても空いていないことがあった。

サービスの拡充によって、よりスムーズに予約できるかもしれない。タイムズのカーシェアはますます「進化」していくことだろう。

・合わせて読みたい→男性向け会員制サウナに伝わる「伝説のからあげ」が激ウマ 50年間伝わる味とは

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加