JAL、サバヌーヴォー初空輸。ファーストクラス機内食でも提供する初物を食べてみた!

JAL、サバヌーヴォー初空輸。ファーストクラス機内食でも提供する初物を食べてみた!

  • トラベル Watch
  • 更新日:2021/09/24

2021年9月24日 実施

No image

JALが「サバヌーヴォー」を空輸した

JALUXとノルウェー水産物審議会は9月24日、ノルウェーから「サバヌーヴォー」の初空輸を行なった。

「ヌーヴォー」は、ボジョレー・ヌーヴォーでもおなじみの、フランス語で新しいを意味する言葉。従来の輸入サバは冷凍品だが、冷凍していない生のサバをJALの直行便で空輸して、国内線ファーストクラスの機内食として提供するほか、首都圏のスーパーなどでも販売するという日本初の取り組みだ。

そもそも、ノルウェーでは持続可能性の観点から、サバの脂肪分が最も高くなる9月下旬から11月上旬の期間に限ってサバ漁を行なっている。JALのサバヌーヴォーは、この期間に漁獲したサバを船上から0℃前後を保ちながら輸送・空輸・通関。冷凍では味わえないふっくらした身の柔らかさや、脂の旨味を楽しめるのが特徴になっている。

今回は、JALUXの現地職員が目利きした脂肪率約30%、重量500g以上のサバを買い付けており、初回は300kg程度をヘルシンキ発JL48便で羽田へ運んだ(ノルウェーからフィンランドまでは陸送)。

羽田に届いたサバヌーヴォーは、羽田発着の国内線ファーストクラス機内食の朝食として、9月21日~30日と10月21日~31日に提供するほか、スーパー「ロピア」(東京・神奈川・千葉・埼玉の全店、9月24日~10月下旬)と「クイーンズ伊勢丹」の都内複数店舗(白銀高輪店・品川店ほか、9月24日~10月下旬)で切り身として販売。また、焼き鯖寿司(予定)をJALショッピングなどで販売すべく、商品企画中とのこと。

サバヌーヴォーは今後も週2便で空輸を続け、期間中に計15~20トンの輸送を目指すという。

No image
No image
No image
No image

サバを載せたJL48便が羽田に到着

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

サバヌーヴォーのコンテナがローダーで下ろされた

No image

株式会社JALUX 代表取締役 副社長執行役員 丸川潔氏

No image

日本航空株式会社 執行役員 貨物郵便本部長 岩越宏雄氏

No image

ノルウェー大使館 臨時代理大使 リーネ・アウネ氏

No image
No image
No image
No image

税関職員によって改められるサバヌーヴォー

ファーストクラスの朝食を食べてみた

このサバヌーヴォー、国内線ファーストクラスの機内食では塩焼きで提供されるのだが、今回試食することができた。

朝食メニューの詳細はJALのWebサイトで確認していただくとして、主役のサバは耐油性のある包み紙にくるまれていて、すぐにはお目にかかれない。その包みをほどくと、瞬間に食欲をそそる香りが広がり、口へ運ぶとぎゅっと身の詰まった食感に、パンチのある脂肪分を強く感じられる。口の中にサバを数尾詰め込んだような凝縮した味わいで、水分調整にこだわって炊いたという俵御飯(ふっくりんこ)にも実によく合う。

No image

9月21日~30日に提供する国内線ファーストクラスの機内食でサバヌーヴォーの塩焼きを提供

No image
No image
No image
No image

彩りも鮮やかな朝食メニュー

No image
No image

包みを開くと塩焼きが現われる

No image

凝縮感のある味わい

なお、ロピアやクイーンズ伊勢丹で取り扱う切り身の価格は、冷凍物と比べると空輸した分高価になるものの、日本のブランドサバと遜色ないという。今のところ首都圏でないと購入できないが、この鮮度、近くに店舗がある方はぜひ味わってみていただきたい。

No image
No image

左がサバヌーヴォー、右が冷凍物。鮮度の違いは明らかだ

No image

編集部:松本俊哉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加