阪神・藤浪が1回を無安打、高まる安定感 6試合連続で無失点 最速は158キロ

阪神・藤浪が1回を無安打、高まる安定感 6試合連続で無失点 最速は158キロ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

力投する阪神・藤浪=甲子園(撮影・高部洋祐)

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場)

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が2点リードの六回から登板し、1回無安打無失点に抑えた。

一際大きな歓声を浴びてマウンドに上がった藤浪。先頭・山崎には全球直球勝負を挑んだが四球で出塁を許す。続く西浦にもフルカウントとしたが、最後は136キロカットボールで空振り三振を奪った。

代打・中山の初球、見逃しを奪った球がこの日の最速158キロを計測。その後、難なく左飛に打ち取ると、最後はエスコバーを右飛に仕留め、スタンドからはまた大きな歓声が沸いた。

これで藤浪は6試合連続無失点。チームのコロナ禍もあり、先発からリリーフに急転向した背番号19の安定感が増してきた。「先頭バッターを出してしまいましたが、しっかり0点で後ろにつなぐことができてよかったです」とコメントしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加