川崎・三笘、五輪代表入り&連覇誓う!「課題だらけ。まだまだ伸びしろ感じる」

川崎・三笘、五輪代表入り&連覇誓う!「課題だらけ。まだまだ伸びしろ感じる」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/22

J1川崎のMF三笘薫(23)が22日までにオンラインでインタビューに応じ、リーグ2連覇と東京五輪代表入りに意欲を示した。昨季、大卒ルーキーながら13得点12アシストでベストイレブンに選ばれ、脚光を浴びたドリブラー。G大阪を3-2で下した20日の富士ゼロックス・スーパー杯でも2得点し、26日の横浜Mとの開幕節(等々力)を万全の状態で迎える。

2年目のジンクスを吹き飛ばす。川崎のMF三笘は「プレーの幅を広げないと、この世界ではやっていけない」と、26日に迫ったJ1開幕を見据えた。

一瞬で相手を振り切るドリブルと巧みなシュートを武器に、昨季はJ1新人最多記録に並ぶ13得点、リーグ1位の12アシストを記録。それでも「課題だらけ。まだまだ伸びしろを感じている」と、オフは自身のプレーを冷静に分析した。昨季の得点はすべてペナルティーエリア内で放ったシュートから。味方からパスを受けて、ダイレクトやツータッチで決める形が多く、「エリア外からのシュートや、自分から相手を外してシュートに持っていくプレーが少なかった」と課題を見つけた。

「自分から作り出したチャンスを仕留められるようにならないと、怖いプレーヤーになっていけない」と、プレーの幅を広げる決意をした。ドリブルからシュートに持ち込む形や、ブラジル代表MFコウチーニョを参考にミドルシュートにも磨きをかける。

「リーグ、カップ戦と勝ちにこだわっていきたい」と、タイトルに意欲をみせる。7月の東京五輪に向けては「今季の結果次第では選ばれるチャンスがある。活躍できれば選手としての価値も上げられる」と言葉に力を込めた。近い将来のA代表入りや、海外移籍も見据える23歳。勝負のシーズンがスタートする。(山下幸志朗)

No image

20日の富士ゼロックス・スーパー杯で三笘は先制ゴールを決めた

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加