阪神・小林がリベンジ「0点で抑えることができて良かった」

阪神・小林がリベンジ「0点で抑えることができて良かった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

8回、好リリーフを見せる阪神・小林慶祐=甲子園(撮影・飯室逸平)

「阪神-巨人」(8日、甲子園球場)

秋山の後を受けて七回に登板した小林が1回を三者凡退に抑えた。

先頭の高橋を見逃し三振。続く松原は150キロ直球で左飛に仕留めた。最後は坂本を3球三振。わずか11球で料理した。

ここまで3試合に登板して防御率0・00も、1死二塁で登板した前回2日の中日戦(京セラ)では、大島に勝ち越し適時打を許していた右腕。「前回の登板では点を取られてしまったので、今日は絶対に0点で抑えるという気持ちでマウンドに上がりました。0点で抑えることができて良かったです」と安どした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加