【番長一問一答】DeNA・三浦監督、プロ初勝利目前の中川を4回で交代「チームで戦っているので」

【番長一問一答】DeNA・三浦監督、プロ初勝利目前の中川を4回で交代「チームで戦っているので」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/09
No image

8-8の引き分け。同点を許したDeNA・エスコバー(右)をねぎらう三浦監督=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

(交流戦、西武8-8DeNA、2回戦、西武1勝1分、9日、メットライフ)DeNAは最大6点差を追いつかれ、痛恨の引き分けに終わった。三浦大輔監督は、プロ初勝利を目指す先発の中川虎大投手を勝利投手の権利獲得目前の4回で降板させるなど、勝利を目指したが、救援陣が粘れなかった。

――中川の投球

「きょうはストライクとボールがはっきりしすぎていて、球数も多くなってしまった」

――あと1イニング投げればプロ初勝利の権利も

「もちろん初勝利というのはあるけれど、それ以前にチームで戦っているので、チームが勝つためにあそこで代えました」

――救援陣がリードを守れず

「踏ん張り切れなかった。昨日もそうですが、四球がらみの失点というのは反省しないといけない」

――エスコバーが6月に失点が増えている

「当然疲れもあるのは確かだと思う。何とかいるメンバーで戦うしかないので、頑張ってもらうしかない」

――エスコバーは試合前に虫に刺されていた

「はい、虫に刺されましたが、もちろん問題ないと聞いています」

――オースティンが途中交代

「左脚ハムストリングの違和感を訴えたので、無理をさせず交代させた。自分でトレーナー室に行っていましたから、歩けないとかではない。治療中です。(明日の出場可否は)様子を見て」

――打線は序盤に大量得点を挙げたが

「昨日も悪くはなかった。あと一本というところで、きょうはそのもう一本が出た。追いつかれてからも最後、2死から粘りも見せた。悪くないと思います」

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加