神戸移籍が噂のリンコウン、ブラジル側が「購入義務」を要求か

神戸移籍が噂のリンコウン、ブラジル側が「購入義務」を要求か

  • Qoly
  • 更新日:2021/01/12
No image

先日からヴィッセル神戸への移籍が噂されているブラジル人FWリンコウン。しかし『Globo』の報道によれば、交渉は停滞し新たなステージに入っているようだ。

現在リンコウンが所属しているフラメンゴに獲得オファーを出しているのはヴィッセル神戸とFCシンシナティの2クラブ。

この両者のオファーはそれほど大きな差はないとのことだが、神戸は12月までのローン、シンシナティは7月までのローン。

手数料については50万ドル(およそ5200万円)、全公式戦の50%でプレーした場合に活性化される購入オプションで300万ドル(およそ3.1億円)の支払いが求められるとのこと。

給与面についてはまだシンシナティ側が申し出をしていないが、リンコウンは神戸を、彼が所属しているフラメンゴ側はシンシナティを好んでいるという。

そして、現在フラメンゴ理事会が神戸に求めているのが「10試合連続でプレーした場合に購入義務が発生する」という契約条項を加えることだそうだ。

【写真】“カカの後継者”と呼ばれた逸材たちとその「現在」

現在すでにトップチームから外されているリンコウンは、今冬のマーケットでの退団はほぼ確実だと考えられているが、シンシナティと神戸の綱引きはまだ続きそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加