ANAとゼンリンら、車いす利用者向けバリアフリー経路案内サービス

ANAとゼンリンら、車いす利用者向けバリアフリー経路案内サービス

  • Aviation Wire
  • 更新日:2021/09/15

全日本空輸(ANA/NH)と一般社団法人WheeLog(東京・千代田区)、ゼンリン(9474)、ゼンリンデータコム(東京・港区)の4者は9月15日、ANAの経路検索サービス「空港アクセスナビ」の徒歩区間で「バリアフリー地図/ナビ」機能の運用を開始した。

No image

ANA空港アクセスナビの徒歩区間に追加されたバリアフリー地図/ナビ機能(同社サイトから)

バリアフリー地図/ナビ機能は、地図上に目的地までの最短経路に加え、バリアフリー情報や過去に車いすユーザーが走行したルートが表示される。対象エリアは15日時点では東京都と神奈川県で、今後拡大を予定している。

空港アクセスナビは、ANA便の運航情報とターミナルや搭乗口、保安検査場などの情報を経路検索に統合。スマートフォンのアプリやウェブサイトで提供している。

4者は航空や鉄道、バス、タクシーなど、マイカー以外の異なる交通手段を1つの移動手段として捉える概念「MaaS(マース:Mobility as a Service)」に、誰でも利用しやすくする概念「ユニバーサルデザイン」を加えた「ユニバーサルMaaS(Universal MaaS)」の実現に向けて取り組んでおり、障がい者や高齢者、けがを負った人、訪日外国人も利用しやすい一元的な移動手段を意味し、「誰もが移動をあきらめない世界」をテーマとして掲げている。

Tadayuki YOSHIKAWA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加