熊本空港滑走路が閉鎖 天草エアライン訓練中にトラブル

熊本空港滑走路が閉鎖 天草エアライン訓練中にトラブル

  • RKK熊本放送
  • 更新日:2021/10/14

熊本空港で訓練をしていた天草エアラインの機体が故障し、滑走路が閉鎖されています。

運行に影響が出ています。

14日正午すぎ、熊本空港で訓練をしていた天草エアラインの機体が、着陸後ブレーキのトラブルをおこし滑走路上で走行できなくなりました。

そのため、滑走路が午後0時半ごろから閉鎖されています。

「機体が止まったままとなり、滑走路が閉鎖されています」(カメラマン)

この飛行機の訓練の様子が、空港に設置された情報カメラに映っていました。

滑走路を、グルグルと回っているのが分かります。

このあとに、トラブルが起きたと見られています。

トラブルが起きた機体はフランスのATR社製で、パイロット2人が乗っていましたが、けがはないということです。

天草エアラインによりますと、14日の訓練は午前11時にはじまり、午後1時まで行われる予定だったということです。

「国内線ターミナル前です。各航空会社のカウンターは手続きで多くの人で混雑しています」(記者)

「羽田で面接があるんで、、、どうしようもなくて、新しい便を今とっています」

すでに飛行機に搭乗していた人も、、、

「1時間ちょっと座りっぱなしで、そしたら、降りていただきますということで」

このトラブルで、熊本に到着する予定だった便が福岡空港に着陸した他、欠航する便も出ていてダイヤが乱れています。

熊本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加